アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 京都府 > 京都府京都市山科区


BS/CSアンテナが3色から選べます!
BS/CSアンテナが3色から選べます!


外観スッキリ!新築物件で大人気!外観スッキリ!新築物件で大人気!
外観スッキリ!新築物件で大人気!

京都府京都市山科区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

京都市山科区のアンテナ工事・設置・取り付け情報京都市山科区は、明治22年の町村制施行で安朱村他22の村がすべて山科村となり、大正1510月には宇治郡山科町になりました。昭和64月に宇治郡山科町から京都市東山区に編入され、昭和266月に東山区役所山科支所が開設されました。昭和33年以降に始まりました名神高速道路の建設で、国道1号線と結合する京都東インターチェンジが設けられてからは、交通の要衝として急速に発展し、山科地域の急激な人口の増加が始まり、昭和5110月に東山区から旧山科地域を山科区として分区され、現在の山科区となりました。平成9年の地下鉄東西線開業に伴い、ますますにぎわいのあるまちとして発展を続けています。この一帯は、平安時代の頃には、すでに、山城国宇治郡山科郷という名で呼ばれていましたが、そのずっと以前の縄文・弥生時代から、いきいきとした文化の足跡を刻んできています。芝町遺跡や中臣遺跡で発掘された土器、石器類、万葉ロマンの世界をしのばせる鏡山・天智天皇陵、平安時代から存在し、数々の伝説を秘める有名古社寺、中世日本を揺り動かした中心地である山科本願寺跡、江戸時代の風景を思い起こさせる旧東海道の遺跡など、各時代にわたり、歴史を語り探訪するのに大変恵まれた地です。また、山科には大石内蔵助が討ち入り前に隠れ住んでいたといわれ、赤穂義士にまつわる史跡の数々が今日まで伝えられています。

山科区では,平成283月に策定した「共汗で進める新たな区政創生」において,ICT(情報通信技術)を活用したスマートな区役所の実現を目標に掲げ,地域情報の受発信や市民サービス向上に資する区民等向けのアプリケーションの開発・運用など,新たな情報発信の充実に取り組んでいます。そのモデル事業として,政令市の行政区で初の総合的な情報を発信する地域密着型スマートフォン・アプリ「やましなプラス+」の運用を開始しております。

京都市山科区の人口は、134,706人で男性が63,733人、女性が70,973人、世帯は61,084世帯(2017101日現在)となっております。京都市山科区の中継局は、山科、京都大岩山、将軍塚、四ノ宮小金塚で、放送局は、NHK教育・総合、広域民放4社、京都放送となっております。京都市山科区の放送受信契約数は、41, 524件、衛星契約数は、18, 028件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。


一般的なアンテナ工事の費用相場

UHFアンテナ新規工事

17,000円〜

BS/CSアンテナ取り付け工事

18,000円〜

屋根裏アンテナ設置

23,000円〜

4K8Kアンテナ取り付け工事

22,000円〜

デザインアンテナ新規工事

22,000円〜

ブースター設置

18,000円〜