大分県臼杵市

施工ブログ一覧

もっと見る

大分県臼杵市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

伊丹市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

臼杵市は、大分県の南部、東海岸に位置する市です。東部はわずかに豊後水道に面しており、北を佐賀関半島、南を長目半島に囲まれたでいるのが特徴です。内陸部は、北部がなだらかな丘陵(200~300m)で、南部が標高500m~600mの山地となっており、県庁所在地の大分市と県南部の佐伯市の挟まれています。国宝の「臼杵石仏」がある場所で有名です。わずかながら海に面しているため、、造船業、醤油・味噌など漁業面での生産が活発です。市の面積は291.20km2、人口は36,536人となっています(2019年10月1日、推計人口)。臼杵市あたりから気候は、瀬戸内海気候から、太平洋側気候に変わりつつある地域になります。いわゆる、夏は高温多湿となりやすいです。海風が入りやすい地形であるため、沿岸部では冬の気温が下がりにくく、霜が降りにくい状況です。市内には、JR日豊本線が走っており、臼杵駅を中心として特急電車も停車します。他の市(大分市・別府市)では、高速バス路線がいくつかあるものの、臼杵市内は、2019年現在で九州各地を結ぶ高速バス路線が走っていない地域となっています。先にも述べた通り、臼杵市内はかつて、城下町として繁栄した過去があったため、関連する建造物もあります。その代表格が「臼杵城」です。創建されたのが戦国時代末期の1562年。江戸時代には臼杵藩の藩庁が置かれた場所でもあります。現在、城郭主要部は都市緑化公園として整備・運用され、石垣、空堀が現存されています。1966年には、大分県の史跡に指定され、2017年には、続日本100名城(193番)に選定されたました。現在でも市教育委員会が主となって発掘調査を実施し歴史の事実確認を行っています。臼杵市の放送受信契約数は14,022件で衛星契約数は6,257件となっています。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。臼杵市の実績も豊富で経験豊富なスタッフがお伺いいたします。毎日、ご視聴されるテレビだからこそ、万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。また、業界では最長となる8年間無料保証も取り入れておりますので、どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。