宮崎県東臼杵郡

施工ブログ一覧

もっと見る

宮崎県東臼杵郡のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

伊丹市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

東臼杵郡(ひがしうすきぐん)は、宮崎県の郡で県の南部に位置しています。宮崎市と都城市と隣接しています。人口は26,460人、面積1,294.21km²、人口密度20.4人/km²(2019年10月1日現在)となっています。東臼杵郡に含まれているのは、門川町(かどがわちょう)、諸塚村(もろつかそん)、椎葉村(しいばそん)、美郷町(みさとちょう)の2町2村となっています。2006年に大規模な合併が行われ、旧北方町・旧北浦町が延岡市に編入、旧東郷町が日向市に編入したことで、現在の東臼杵郡の形となっています。門川町は、宮崎県の北部、日向灘の沿岸部に位置しています。面積は120.52km2、人口は17,526人(2019年10月1日現在)となっています。県北部の延岡市までは約15km、県庁所在地の宮崎市までは、約70kmの場所にあります。枇榔島(びろうじま)も、門川町に含まれています。いまは無人島ですが、かつて昔、美女が住んでいたという伝説があることから、地元では「美女が島」と呼んでいます。諸塚村は、宮崎県の北部、九州山地の中の内陸に位置しています。面積は187.56km2、人口は1,532人(2019年10月1日現在)となっています。面積に占める林道の密度は、日本で一番の割合です。畜産業が盛んな地域であり、牛の放牧の様子をあちらこちらで見ることができます。椎葉村は、宮崎県の北部、九州山地のほぼ中央部に位置しています。面積は537.29km2、人口は2,579人(2019年10月1日現在)となっています。日本に存在する村の中で、5番目に大きい面積となっています。村内の各地区で、国の重要無形民俗文化財である「椎葉神楽」が伝統文化として根付いています。10月~11月ごろにかけて、お披露目の機会が多く文化伝承に力を入れています。美郷町は、宮崎県の北部、九州山地の中の内陸に位置しています。面積は448.84km2、人口は4,823人(2019年10月1日現在)となっています。町全体の約9割が、山林を占めています。年降水量が非常に多く、毎年2,500 – 3,500mm前後を記録し、日本でも特に雨の降る三重県尾鷲市に匹敵する量の雨が降ります。「西の正倉院(にしのしょうそういん)」と呼ぶ歴史建造物があり、奈良の正倉院をイメージして建てられました。内部の見学が可能で、銅鏡、勾玉などが保管されています。東臼杵郡の放送受信契約数は10,170件で衛星契約数は5,542件となっています。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。東臼杵郡の実績も豊富で経験豊富なスタッフがお伺いいたします。毎日、ご視聴されるテレビだからこそ、万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。また、業界では最長となる8年間無料保証も取り入れておりますので、どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。