クレジットカード
0120790837
圧倒的な実績を誇るみずほアンテナ

京都府京田辺市地域のアンテナ工事・施工実績

  • ブログ写真

京田辺市地域のアンテナ工事に関する写真一覧

続きを見る

京田辺市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

  1. 京田辺市のアンテナ工事・設置・取り付け情報京田辺市は、東に木津川、西に生駒山系に連なる甘南備山が控える豊かな自然に囲まれたまちです。古くから交通の要衝として栄えた本市は、南山城地方の行政・経済・文化の中心地として発展してきました。明治39年、田辺村が町制施行により田辺町になり、昭和26年には隣接する大住村、三山木村、草内村、普賢寺村を編入・統合し、現在の市域となりました。そして平成941日、市制を施行し、京田辺市となりました。昭和40年代から大規模な宅地開発や交通網の整備、学研都市の建設などにともない、市の人口が増加。全国的に少子高齢化が進展する中、現在も人口増加が続き、活気に満ちたまちづくりが着々と進行中です。京都府南部、八幡市・城陽市・綴喜郡井手町・相楽郡精華町・大阪府枚方市・奈良県生駒市と接し、三府県の三角地帯の中央部に位置、南山城地域の行政・経済・文化の中心部として発展してきました。もともと京田辺市、木津町、精華町の関西文化学術研究都市3市町の合併で10万人の新市になるよう住民投票する予定で京田辺市長も賛成だったが、木津町、精華町の両町長の反対で合併ができませんでした。 市の東側を南北に沿って流れる木津川と、西側の生駒山系に挟まれており、中心部をJR西日本片町線(学研都市線)・近畿日本鉄道京都線が通り、京都市・大阪市のベッドタウンとしての性格が強く、松井山手駅に北陸新幹線新駅の設置が検討されています。

    京田辺市の人口は、世帯数が28,365世帯、 男性が33,351人、女性が35,157人、 総人口は68,508人となっております。

    京田辺市の放送受信契約数は、 22, 089件で、衛星契約数は、10, 919件となっております。

    中継局は、山城田辺(天王の山)と田辺大住で、放送局は、NHK総合・教育、広域民放4社、京都放送となっております。

    京田辺市で地上デジタル放送を見るには、集合住宅や受信障害対策で共同受信施設を利用している人は、戸別受信が可能な場合、デジタル放送対応のテレビに買い換える、または、地上デジタルチューナーを買い足す方法で受信できますが、引き続き共同受信施設を利用する場合は、設備の改修などが必要となることがありますので、施設管理者や建物のオーナーに相談してください。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。

  • みずほ施工ブログ | 日々の対応実績をご覧ください
  • 料金以外のメリット! | 料金以外のこんなメリットが
  • よくあるご質問 | お客様の疑問を集めました

東海対応エリア

九州対応エリア

年内拡大予定!

各種クレジットカードをお使い頂くことが出来ます。

※一部エリアにおいてカードが使えない場合がございます。
※手数料がかかる場合がございます。