テレビアンテナ・地デジ工事・設置・取り付けのみずほアンテナ > 対応エリア一覧 > 京都府 > 京都府相楽郡のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例


京都府相楽郡のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例のアンテナ工事について

令和元年調査によると相楽郡の放送受信契約数は13, 839件で、衛星契約数は8, 182件です。

相楽郡で地上デジタル放送をテレビアンテナでご覧いただくためには、地上波用のアンテナ取付工事が必要です。現在、地上波用のアンテナは”デザインアンテナ”と”UHFアンテナ”の2種類からお選びいただけます。また地上波用のアンテナは、お近くの電波塔に向けて電波を受信します。お家が主要の電波塔から距離が離れている場合は、お近くの中継局から電波を受信する場合もございます。電波測定結果からアンテナを向ける電波塔を判断し、設置位置をご相談させていただきます。

相楽郡ではアンテナの施工方法をお選びいただくことができます。従来の屋根上設置法や外壁設置法、また現在では屋根裏に設置することもできます。屋根裏設置法はお家の外観を損なわなくて済むと多くのお客様からお問い合わせをいただいております。屋根裏には設置条件がいくつかありますので、気になる方はぜひ一度みずほアンテナまでお問い合わせくださいませ。

相楽郡で4K8K放送をご覧いただくためには対応している円盤型のアンテナを取り付ける必要があります。通称”パラボラアンテナ”と言われる衛星放送用のアンテナです。4K8K放送の電波はBSCS放送と同じ衛星から受信しますので、地デジアンテナでは受信することができません。地デジも4K8Kも観たい方は、合計2つのアンテナを設置する必要があります。現在販売されているテレビは4K8K対応の商品が増えており、アンテナも4K8K対応を設置される方が増えております。もちろん後付けも可能ですが、セット価格の方がお安くなりますのでご検討くださいませ。

みずほアンテナでは年間3万件の工事実績を元に、特殊な形状のお家でも取り付け可能です。相楽郡に関しても周辺の電波状況等も完全に把握しており、「ここに取り付けたい」「なるべく外観を損なわずに取り付けたい」など、できる限りお客様のご要望に沿ってアンテナを取り付けさせていただきます。自社の熟練のスタッフだからこそ、安くて丁寧な工事を実現しています。また工事をしたら終わりではなく、みずほアンテナでは無料の8年保証が付いておりますので、何か問題が発生した際にはすぐにご自宅に駆け付けます。 大切なマイホームの工事は業界トップシェアを誇るみずほアンテナにお任せください。365日土日祝日も工事を承っております。即日対応も承っておりますので、アンテナ工事をご検討される方は是非一度お電話かメールにてお問い合わせください。相楽郡は、全域対応しております。

京都府相楽郡のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例のアンテナ工事のよくある質問

  • 支払い方法は現金だけですか?

    現金またはクレジットカード、キャッシュレスサービスからお選びいただけます。カードリーダーをお持ちしておりますので、工事終了後に担当スタッフにどちらかをご提示いただければその場で精算完了となります。クレジットカード会社につきましては、全てのカード会社に対応しておりますのでお好きなものをお選びください。キャッシュレスサービスをご利用の場合はスマホの画面を担当スタッフにご提示ください。どちらの支払い方法をお選びいただいても手数料などお客様の負担はございませんのでご安心くださいませ。 また現金払いのお客様のみTポイントを付与サービスがございますので、ご利用の際はお支払いの際に一緒に担当スタッフにご提出ください。

  • 相楽郡でブースターって必要なの?

    ブースターが必要かどうかはご自宅の電波状況によって異なります。ブースターとは手のひらサイズの白い箱型の機器で、アンテナで受信した電波を増幅してくれる役割がございます。アンテナの設置時に電波が良好でも、雨風の影響で減衰する可能性や各お部屋でテレビが見れるように電波を分配すると減衰してしまう可能性があります。減衰した場合、テレビの映像にノイズが走るといった症状や全く映像が映らないといった症状が出始めます。その場合、アンテナの修理業者を呼んで復旧する必要がございます。以上から、ブースターはあらかじめ電波推移を踏まえて設置を判断します。アンテナ設置時に一緒に付けることによって、不具合が発生した際の時間やコストを抑えることができます。しかし電波数値が良好であればブースターの設置は必要ございませんので、必ず付けなければいけないというものではございません。ブースターの設置が必要かどうかはお伺いした際に、ご自宅の電波数値から判断させていただきます。ご相談の元、工事を進めさせて頂きますのでご安心下さいませ。

  • 相楽郡で4K8Kを見るには?

    相楽郡で4K8K放送をご覧いただくには、「4K8K対応のBS/CSアンテナ」が必要になります。4K8K対応のBS/CSアンテナとは、よくベランダや屋根上に見かける、通称”パラボラアンテナ”と言われる円盤型のアンテナです。2018年からスタートした4K8K放送は衛星から電波を受信するため、ご覧いただくためには地上波専用のアンテナとは別に衛星放送用のアンテナを設置する必要があります。アナログ放送から地上デジタル放送に移行した時のように、全てが4K8K放送に移行されるわけではありません。従来のBS/CS放送と同じように、4K8K放送も地上デジタル放送と並行してご覧いただく形になります。 またアンテナに加えてテレビも対応のものが必要になります。4K8Kテレビと対応チューナーか4K8Kチューナー内蔵型テレビでご覧いただくことができますが、現在ですと4K8Kチューナー内蔵型テレビが主流になっております。4K8K放送をご覧いただくには4K8K対応のアンテナとテレビが必要になります。

京都府相楽郡のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例について

相楽郡は、京都府の南部に位置し、面積は178.24㎢で、人口は42,706人で、人口密度は240人/㎢(2020年調査結果)です。笠木町、和束町、精華町、南山城村の3町1村からなる京都府の郡の一つです。行政区画として発足した当時の郡域は上記以外では現在の行政区画で、木津川市と綴喜郡井出町の一部に組み込まれるか改称しています。

町のシンボルである笠置山が聳え立つ笠木町のある一帯は、奈良の東大寺の造営の際、木材を切り出して木津川の水運を使って運んだことなど古くから水運の要衝の場所として発達していました。町の中央には、東西を横切るように木津川が流れ地形全体が渓谷のような様相で、いたるところに巨大な岩が存在しています。点在する巨大な岩を神の座として崇める磐座信仰の聖地でもあり、現在では、その巨岩奇石を利用してボルダリングや水遊びのレジャーなどの場としても楽しまれています。

800年前から続く京都府最大の茶産地である和束町は、町全体に茶畑の広がる美しい街です。町の中央に和束川が流れ、古くは興福寺などの荘園として繁栄するとともに、宇治茶の主産地とも知られ、山の斜面に人がる茶畑が連綿と受け継がれてきた生業の景観は全国的にも珍しく、「宇治の郷 和束の茶畑」は京都府景観資産登録地区の第一号に認定されています。また、豊かな自然を生かした公園や遊歩道などの整備が進み住まいやすい街づくりに力を入れています。

関西文化学術研究都市精華・西木津地区にある文化学術研究交流施設、けいはんなプラザのある精華町は、西部と南部になだらかな丘陵で住宅地が広がり、東部に平坦な農地、東端には木津川が流れる地形で、大阪や京都、奈良などへのベッドタウンとしての役割を果たしています。その立地から神社仏閣を始めとする歴史的建造物も数多く残っており、来迎寺や祝園神社など古の時に思いを馳せるスポットを楽しめます。また、特産であるイチゴの農園が2つあり、シーズン中はいちご狩りを楽しむ家族や友人連れでにぎわう町でもあります。

京都府唯一の村である南山城村は、京都府の最南端の自治体で「自然が薫り 絆が生きる 自立するむら!みなみやましろ」を村の標語に掲げ、美しい自然の中で人と人とのつながりを大切にする街づくりを実施しています。日本三大茶の1つである宇治茶の生産に力を入れており、南山城村の茶畑の面積は昭和中期以降大幅に拡大しています。京都府指定右傾文化財である雨ごいの神事の花踊りや、木津川やまなみ国際音楽祭など、新旧村をあげて賑わうイベントも多く存在しています。