クレジットカード他
簡単スピード見積
LINE
メール
           クレジットカード他
通話無料
無料相談はコチラ
テレビアンテナ・地デジ工事・設置・取り付けのみずほアンテナ > 対応エリア一覧 > 奈良県 > 奈良県磯城郡のテレビアンテナ工事・費用相場・施工事例



のみずほアンテナの工事費用

UHFアンテナ新規工事

15,000円〜

BS/CSアンテナ取り付け工事

15,000円〜

屋根裏アンテナ設置

20,000円〜

4K8Kアンテナ取り付け工事

20,000円〜

デザインアンテナ新規工事

20,000円〜

ブースター設置

15,000円〜

既存アンテナ修理

10,000円〜

既設アンテナ撤去工事

5,000円〜


業界最安値の
詳しい工事料金はこちら

奈良県磯城郡のテレビアンテナ工事・費用相場・施工事例の人気アンテナランキング

奈良県磯城郡のテレビアンテナ工事・費用相場・施工事例の人気アンテナランキング

ランキング2位
デザインアンテナ+
4K8K対応BSCSアンテナセット

ランキング1位
デザインアンテナ
ランキング3位
UHFアンテナ+
4K8K対応BSCSアンテナセット

ランキング1位
デザインアンテナ
ランキング2位
デザインアンテナ+
4K8K対応BSCSアンテナセット
ランキング3位
UHFアンテナ+
4K8K対応BSCSアンテナセット


BS/CSアンテナが3色から選べます!
BS/CSアンテナが3色から選べます!
通話無料 携帯電話・PHSでもOK! 0120-790-837 お電話からの受付時間:9:00~19:30
無料相談はコチラ メールは24時間対応
簡単LINEお見積もり
bn_merit

  1. メリット1|工事にかかる時間が短い

    merit_01
    みずほアンテナは月間1000件近くのご依頼をいただいている『アンテナ専門店』です。熟練の職人がお伺いしますので施工時間も短く大変ご好評をいただいております。基本的な新設工事は1時間~2時間が目安となります。
  2. メリット2|安心の8年保証サービス

    merit_02
    みずほアンテナでは熟練の職人だからこそ『8年保証』を可能にしました。
    万が一テレビが映らなくなった等のトラブルにも8年間無料でご対応させて頂いております。
  3. メリット3|引っ越し前でテレビが無くてもOK

    merit_03
    みずほアンテナでは専用の測定器を持参し電波の測定をしております。
    お引越し前でテレビが無いお客様やこれからご購入を検討のお客様でもテレビを設置すればすぐにご視聴が可能でございます。
  4. メリット4|明朗会計でお見積りくっきり

    merit_04
    みずほアンテナでは工事の前にまずはお見積りをお話しし、ご納得いただいてから工事を開始致しますので工事完了後に追加料金が発生する事はございません。
  5. メリット5|クレジットカードでのお支払が可能

    merit_05
    ほとんどすべての種類のクレジットカードが利用可能です。
    また、Tポイントカードもご利用可能でございます。
  6. メリット6|即日対応可能・夜間工事対応

    merit_06
    急にTVが映らなくなった!
    また、近隣の方のご迷惑にならない工事であれば夜間の工事も行っております。引っ越ししたけどアンテナ設置忘れてたなど緊急の工事にも喜んで対応させて頂きます。

について

磯城郡は、奈良県の郡のうちの一つで、奈良盆地の東南部に位置しています。郡の面積は31.08㎢、2020年(令和2年)4月の調査結果によると、郡の人口は47,166人、世帯数は19,708世帯、人口密度は1,518人/㎢です。磯城郡には、川西町、三宅町、田原本町の3町が属しています。1897年(明治30年)、郡制の施行により、式上郡、式下郡、十市郡の区域をもって磯城郡が発足しました。磯城とは、奈良盆地の東南部を指す名称で、「古事記伝」では「石城」が変化したもので、もともと石で固めた城があった場所と言われています。 川西町の町域は、東西3.4㎞、南北1.9㎞に広がり、面積は5.93㎢で、北は生駒郡安堵町と大和郡山市、南は磯城郡三宅町、東は天理市、西は北葛城郡河合町に接しています。2021年(令和3年)5月の調査結果によると、町の人口は8,274人、人口密度は1,395人/㎢です。近鉄橿原線が町の東部を南北に走り、結崎を中心に賑わっています。1975年(昭和50年)、町制施行により川西町は誕生しました。古くはトマトやイチゴの特産地として知られていましたが、近年は工業用地の造成により精密機械などの近代産業も進出しています。地場産業の「貝ボタン」は全国トップシェアを誇り、海外にも輸出されています。貝ボタンは高級な天然ボタンとして知られ、ポリエステルに比べ独特な輝きは唯一無二で、多くのアパレルブランドに求められています。町の花はコスモスが選定されています。 三宅町は県下で最も狭い市町村で、全国の市町村の中でも2番目に小さく、その面積は4.06㎢です。2021年(令和3年)5月の調査結果によると、町の人口は66,499人、人口密度は1,601人/㎢です。奈良盆地の中央部に位置し、低地であるため、寺川、飛鳥川などの天井川の水害に悩まされてきましたが、近年は改修工事が進み改善されています。1889年(明治22年)、町村制の施行により、式下郡伴堂村、但馬村、上但馬村、小柳村、屏風村、石見村の区域をもって三宅村が発足し、1897年(明治30年)に所属が式下郡から磯城郡へ変わりました。1974年(昭和49年)、町制施行により現行の三宅町が誕生しました。伴堂が町の中心地となり、町の東部には近鉄橿原線が南北に通り、石見駅が設置されており、南西部には近鉄田原本線が通り但馬駅が設置されています。特に町の北部は交通の便に恵まれ、大規模な団地が建設されました。古くからスポーツ用品の製品が盛んで、現在においても生産業者が多数存在しています。町の花は八重桜が選定されています。 田原本町は、磯城郡の南端に位置しており、町の面積は21.09㎢、2021年(令和3年)5月の調査結果によると、町の人口は30,924人、人口密度は1,466人/㎢です。町の東部を大和川(初瀬川)、中央部を寺川、西部は曾我川、飛鳥川が流れており、これらの川に挟まれた平坦地が田原本町の町域です。町内には近鉄橿原線田原本町駅、近鉄田原本線西田原本駅が設置され、大阪圏への通勤・通学者も多く利用しています。1889年(明治22年)、町村制の施行により、近世以来の田原本村の区域をもって田原本町が発足し、1897年(明治30年)、所属が十市郡から磯城郡へ変わり、1956年(昭和31年)、多村、川東村、平野村、都村の4村と合併し、現行の田原本町が誕生しました。農村は米作のほか、スイカ、野菜、花卉類などの園芸作物が多く栽培されています。スイカに関しては、北部の法貴寺が大和スイカの発祥地として有名です。町の花は水仙が選定されています。