岐阜県白川村

施工ブログ一覧

もっと見る

岐阜県白川村のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

揖斐郡のアンテナ工事・設置・取り付け情報

白川村は、岐阜県の北西部に位置する村で、西は両白山地により石川県と区切られ、北を人形山によって富山県の五箇山と区切られている村です。村の面積の95.7%を山林が占め、全国有数の山林密集地でもあります。急斜面が多く山ひだが険しいため、住宅を建てる面積が一部分に限られているのも特徴です。そのため、同じ県内の飛騨地域(高山市など)よりも、富山県南砺市との結びつきが強いです。村の面積は、356.64k㎡。人口は、1,517人、総世帯数は582世帯となっています(2019年6月1日現在)。20代前後の人口が極端に少なく、60代以上が多くを占めます。白川村の気候は、村全域が日本海側気候に属し、なおかつ冬は積雪2メートルを超えることから「特別豪雪地帯」に指定されています。村内には鉄道は通ってないため、鉄道利用す場合は、路線バスを乗って高山駅や富山駅、金沢駅に向かうことになります。これまでは、国道と県道といった一般道路しかありませんでしたが、2008年に東海北陸自動車道の白川郷ICが開通したことにより、北陸方面のアクセスが良好となりました。白川村が全国的に認知されるきっかけとなった「白川郷の合掌造り集落」があるところです。冬には多い時、3メートルに迫る積雪を記録することもあるため、屋根の傾斜を45度から60度までに傾け、雪下ろしの負担軽減や屋根崩落を防いでいました。また、多くの藁を使用していることから、夏の暑さ対策の役割も担っていました。こうした造りの家は日本でも非常に珍しく、先人から受け継いだ文化を廃れることなく継承していることから、1995年に「白川郷・五箇山の合掌造り集落」の名目で、世界文化遺産に登録されました。登録後も1日3回、地元住民らによる見守り活動を行ったり、毎年秋に放水訓練を行ったりと文化継承も積極的に行っています。白川村の放送受信契約数は724件で衛星契約数は478件となっています。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。白川村の実績も豊富で経験豊富なスタッフがお伺いいたします。毎日、ご視聴されるテレビだからこそ、万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。また、業界では最長となる8年間無料保証も取り入れておりますので、どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。