クレジットカード
0120790837
圧倒的な実績を誇るみずほアンテナ

岐阜県瑞浪市地域に関するブログページ

  • ブログ写真

岐阜県地域に関する写真一覧

続きを見る

瑞浪市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

  1. 瑞浪市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

    瑞浪市(みずなみし)は、岐阜県南東部に位置する市で、美濃焼、中山道の宿場、化石などで知られる歴史と文化のまちです。瑞浪の地名は、瑞浪土岐町の前身である瑞浪村ができるとき、水の南(土岐川の南)の意味と瑞穂の浪打つ町という意味で瑞浪という名がつくられました。瑞浪市が成立する際、旧瑞浪町の推す「瑞浪市」案と旧土岐町の推す「土岐市」案とで分かれたが、瑞浪町勢力の方が強く瑞浪市と命名され、日本国有鉄道(国鉄)瑞浪駅の駅名も影響したとされています。古い伝統を持つ瑞浪の窯業は、志野、黄瀬戸、織部など窯業史に残る作品を数多く生み出してきました。現在もその技術はこの地で脈々と受け継がれています。市内には、それぞれの地域に伝わる民話や伝統文化、そして史跡等を題材とした、陶磁器の巨大モニュメントの製作が進んでいます。市の南部に位置する陶町には、高さ約3.3m、使用粘土15tの美濃焼こま犬と、高さ約5.4m、直径4m、使用粘土32tの一体成形の焼き物「豊穣の壷」が、稲津町には、直径 2.8m、高さ30cm、重量1.2tの大皿「瑞祥」が作られています。いずれも、長期間にわたる地域の人々の自主的な製作活動の結果生まれたもので、平成11年5月にギネスブックにより世界一と認定されています。更に、釜戸町でも、国道19号線沿いに、竜吟の滝伝説にまつわる高さ約7mの双頭の竜「ドラゴン21」が完成しており、今後も各地で創作が進んでいく予定です。また、市内には陶磁器に関する古代から現代までの産業史をテーマに展示している「瑞浪市陶磁資料館」や、実際に陶芸を体験できる工房や窯も数多くあります。
    瑞浪市の総人口は37,446人(推計人口、2018年4月1日)となっていて、瑞浪市の放送受信契約数は13,286件で、衛星契約数は、6,153件となっています。
    新築の場合は、地デジ放送を視聴するためのアンテナを設置しなければなりません。 マンションやアパートなどの物件は、あらかじめアンテナが設置されていることがほとんどであるため、引っ越した日から地デジを視聴することができます。 しかし、新築一戸建ての場合はアンテナ工事を行い、新しくアンテナを設置しなければならないのです。 初めてアンテナ工事をするという人がほとんどだと思いますが、アンテナ工事は、素人が簡単にできるものではありません。 アンテナ工事業者に依頼をして、アンテナを設置してもらうと安心です。
    みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。

瑞浪市地域に隣接するアンテナ工事・設置・取り付け対応エリアについて

  • みずほ施工ブログ | 日々の対応実績をご覧ください
  • 料金以外のメリット! | 料金以外のこんなメリットが
  • よくあるご質問 | お客様の疑問を集めました

東海対応エリア

九州対応エリア

年内拡大予定!

各種クレジットカードをお使い頂くことが出来ます。

※一部エリアにおいてカードが使えない場合がございます。
※手数料がかかる場合がございます。