クレジットカード
0120790837
圧倒的な実績を誇るみずほアンテナ

東京都青梅市地域のアンテナ工事・施工実績

  • ブログ写真

青梅市地域のアンテナ工事に関する写真一覧

続きを見る

青梅市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

  1. 青梅市のアンテナ工事・設置・取り付け情報住民基本台帳によると平成2911日における東京都青梅市の人口は135,986人です。青梅市(おうめし)は、東京都の多摩地域北西部にある市で、島嶼部を除いた東京都の市町村では4番目に面積が広いです。立川市、八王子市、多摩市と共に東京都の核都市に指定されています。古くから綿織物が盛んで、青梅縞、青梅綿として知られ、第二次世界大戦前まで夜具地を多産していました。1967年に始まった青梅マラソン(2月)には、海外からも含めて約15,000人が参加するマラソン大会となっています。毎年52日から53日にかけて東京都青梅市で行われる青梅祭は、住吉神社青梅大祭、青梅祭り、住吉祭礼などとも呼ばれ、青梅市では最大規模のお祭りです。このお祭りは、江戸時代末期には既に行われていた歴史あるお祭りとなっています。青梅市の由来として以下のようなお話があります。「青梅市」の天ヶ瀬(あまがせ)という所に「金剛寺」というお寺があります。その昔、平将門が開基となり、京都蓮台寺の寛空大僧正を招いて開山したと言われていますが真偽のほどは定かではありません。下って鎌倉末期の元享年間、頼遍(らいへん)上人が再興しました。その後北条氏の信仰をうけ、寺運大いに盛んとなり、江戸時代には二十石の寺領を付与されています。この寺の庭に「将門誓いの梅」という梅樹があります。将門がある時この地にきて、馬の笞(むち)代わりにしていた梅の枝を地面につきさし、「わが願いがかなわないならば枯れよ」といわれたが、枝は根づいて枝葉が繁茂したといいます。この梅にはもう一つの伝説があります。それはこの梅の実は夏を過ぎ、秋になっても実が青々として落ちないということで近郊でも有名となり、あお梅のところ、あおうめ、おうめとなり、「青梅(おうめ)」の地名になったということです。大正11(1922)年6月に『金剛寺の青梅』として、東京都の天然記念物に指定されています。今も何代目かの「梅」の実ですがまだまだ青く、私たちの目を楽しませてくれています。そんな青梅市の放送受信契約数は、44, 511件で衛生契約数は17, 992件です(平成28年度)。みずほアンテナでは、新規のアンテナ設置だけでなく、古くなったアンテナの交換・修理も行なっています。弊社はすべて経験豊富な自社雇用の作業員がお伺いいたします。お客様満足度を最優先と考えており、常に最新の施工方法・施工技術を研究しお客様にご提供させて頂いておりますので、安心してご相談ください。青梅市に関しても周辺の電波状況等も完全に把握しており、お電話一本でお客様のご状況をお伺いしてすぐにお見積りをご提示させて頂く事も可能です。また、工事をしたら終わりではなく、業界最長の8年間保証を付与しています。弊社ではお電話、メールにて365日ご相談やお見積もり依頼を受け付けておりますので、ぜひお気軽にご連絡をくださいませ。

  • みずほ施工ブログ | 日々の対応実績をご覧ください
  • 料金以外のメリット! | 料金以外のこんなメリットが
  • よくあるご質問 | お客様の疑問を集めました

東海対応エリア

九州対応エリア

年内拡大予定!

各種クレジットカードをお使い頂くことが出来ます。

※一部エリアにおいてカードが使えない場合がございます。
※手数料がかかる場合がございます。