2021年5月28日 愛知県常滑市I様邸 UHFアンテナと4K8K対応BS/CSアンテナ設置工事

こんにちは☆

みずほアンテナのブログ担当の石川です。

ご覧いただきありがとうございます😺

 

本を買う時どうやって選んでいますか❓

前もって講評などを調べますか❓

私は本屋さんで背表紙や解説を読んで選ぶのが好きです😊♫

読んだ本の題名や作者を覚えられませんが

背表紙や解説を読むと

読んだか否か思い出す効果もあります😂笑

 

さて、みずほアンテナの工事のご紹介へ参ります😁✨

 

【愛知県常滑市】

今回ご紹介するお客様はI様です✨✨

この度はみずほアンテナをご指名いただき

ありがとうございました🐸✨

I様の快適なテレビライフのお役に立てて嬉しいです😃

 

 

今回I様からは

UHFアンテナと4K8K対応BS/CSアンテナの設置工事を依頼されました。

【UHFアンテナと4K8K対応BS/CSアンテナ設置工事】

2種類のアンテナは地デジ用かBS/CS用か

大きな違いがあります。

↓↓I様邸では2種類を一緒に破風に設置しました❗

2種類のアンテナを設置しても

通りと反対側だから目立ちません🌺

 

アンテナを設置する場所は

ご邸宅の状況や環境によって異なります👏✨

 

 

 

UHFアンテナと4K8K対応BS/CSアンテナについて

先に地デジ用のUHFアンテナのほうからご説明します😃

 

 

【UHFアンテナ】

地デジ放送を受信する為のアンテナです❗

主に屋根の上や破風に

金具を用いて設置することが多いです😃

魚の骨の様な形ですね🐟🐟🐟~

アナログ放送時代に似た様なアンテナでしたが

こちらはVHFアンテナと言い

UHFアンテナより大きく重いアンテナです😫

地デジ放送を受信する為に必要なUHFアンテナは

かなり軽量で強風や雪などの影響を

ほぼ受けないように設置されています👌✨

 

【UHFアンテナのメリット】

設置する際に高さをとれるため

受信感度が非常に良く

電波の弱いエリアでも

地デジ放送の電波を安定して受信することが

できる可能性が最も高いです👌😆

 

360度回転させることができるので

受信に最も適している方位へ向けて設置できます❗❗

 

 

 

以上が地デジ受信用のアンテナのご説明です😃

次に4K8K対応BS/CSアンテナについてお話します❗

 

 

【4K8K対応BS/CSアンテナ】

主にパラボラアンテナと言われています。

ベランダなどに設置されているのをよく見ますよね❗

大きな盃のような形です❗❗

BS/CS放送は人工衛星から受信する放送であり

アンテナは人工衛星がある南南西の方角へ向けて設置します😃

BSアンテナ・CSアンテナを個別に設置しなくても

この1台で両方の電波をキャッチできる優れものです👏✨✨

 

4K8K対応BS/CSアンテナは必ずしも高さを必要としないため

屋根の上ではなくベランダに設置することもあります❗

 

 

 

アンテナを設置した後、ブースターを設置します。

4K8K対応BS/CSアンテナを設置する場合

4K8K対応のブースター(混合ブースター)が必要です🐸

【ブースター】

ブースターは増幅器ともいい

テレビ信号を増幅する働きをします🐶

ブースターは本体部と電源部の2つから構成され

左側にあるものが本体部、右側が電源部です😊

本体部はアンテナのそばやテレビのそば等に設置され

状況により設置場所は屋内外が異なりますが

電源部は分配器のそばに設置され基本屋内です❗

 

I様邸に設置したブースターです↓

↑こちらが電源部です🐤✨

電源部は屋内に設置します☕🍪

 

 

 

【電波チェック】

設置工事を終えたらチェッカーという機械を使って

電波の強さ(dB)や電波の品質(MER・BER)を計測します👆

👆”GOOD”と表示があり

電波状況が良好であることを示しています👌✨

他に問題がなければ工事完了です😃💦

 

 

 【✿❀ありがとうございました❀✿】

I様、みずほアンテナをご利用いただき

ありがとうございましたm(_ _)m❤

ブログ掲載へのご協力にも感謝しております😆

今後ともよろしくお願いいたします✿❀✿

 

 

 

ここまでご覧いただきありがとうございました😆

 

↓↓ インスタやってま~す😺

 

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します