2020年5月14日 千葉県鎌ケ谷市S様邸 八木式アンテナ・BS/CSアンテナ設置工事

こんちには!

みずほアンテナの佐澤です🌼

今日はカラッと晴れた爽やかな天気ですね☀️

 

もう気が付けば5月です。5月といえば「梅雨」☔

梅雨の時期に多いのが、急にTVが全く映らなくなったので来てほしいというお問合わせです。

 

 

ブロックノイズなどが出てTVの映りが悪い場合は、アンテナの方向調整が必要な場合が多いのですが、全く映らない場合のほとんどが、配線に原因があります🔨

 

特に多いのが雨が原因で、外のアンテナ線と、引き込み線を繋ぐ所に水がたまって、ショートしている場合が多いです💫

 

 

施工業者さんによって工事方法が異なりますが、ビニールテープだけで処理する方や、エフコテープだけで防水処理をする方がいます。

エフコテープをちゃんと使って処理をしている方でも、雨水の流れとは逆に巻いていたりすると、水が入ってしまっている場合もございます😭💦

 

エフコテープを使い、雨水が浸透しない様に雨水の流れに巻き、さらに上からビーニールテープを巻けばこのような症状は防げます✨

 

TVの映り少しでも気になる方がいらっしゃいましたら一度、ご確認ください⬇️

1、テレビやレコーダー裏の配線をチェックしてみましょう◎

2、B-CASカードはしっかり挿してありますか?

3、テレビのチェンネル設定・スキャンは行いましたか?

4、リモコン操作は間違っていませんか?

5、テレビ裏の配線の劣化・破損はありませんか?

 

5つの改善方法を行ってみても、テレビの不具合が改善されない方は、もしかするとアンテナ本体や配線などに問題があるかもしれません💦
メールまたは、お電話でのお問い合わせをお待ちしております🌱

 

では、早速アンテナ工事のご紹介です!

 

【千葉県鎌ケ谷市】

今回は千葉県鎌ケ谷市S様よりアンテナ設置工事のご依頼を頂きました!

ありがとうございます🎶

こちらが設置前のお写真になります⬇️⬇️

 

白の外壁に煉瓦のワンポイントが素敵なご新築ですね✨✨

 

【設置までの流れ】

お伺いしてからいきなりテレビアンテナを設置するわけではなく🙅

まずは、設置場所を決めるために電波測定を行います⚡️

 

きちんと梯子をかけて、アンテナ設置想定位置で測定するのがみずほアンテナ流⭕️

なかには、梯子を使わず地面の高さで電波を測定したり、しっかり調べないうちに設置不可の旨お伝えし、出張料をいただく業者様もいるそう💦
現場調査も丁寧に! それがみずほアンテナです🙌

 

アンテナ設置工事に必要な材料はこちらになります⬇️⬇️

 

こちらが組み立てた状態になります⬇️⬇️

 

そして、設置後のお写真がこちらになります⬇️⬇️

 

【八木式アンテナ】

地上デジタル放送受信用のテレビアンテナの一つです。
“八木”はアンテナの発明者「八木秀次」の名前からとられた名称😊
フィッシュボーンタイプ、骨型アンテナと呼ぶ方もいます♪

 

【BS/CSアンテナカラーバリエーション】

今回は白をお選びいただきましたが、みずほアンテナでは3色ご用意しております🌸

3色展開しているのははみずほアンテナだけですので、気になる方は一度お問い合わせください💁🏻‍♀️

BS/CS放送の通信衛星は、南南西の空にあります。なので、アンテナ本体も南西方面へ。
よく見てみると、皆さんのご近所のアンテナはすべて同じ方向を向いているはずです。
気づくと面白いですよ😉🌸

 

最後にお写真を撮らせて頂きました📷

S様、この度は数あるアンテナ業者の中から、
みずほアンテナを選んでいただき誠にありがとうございました!
素敵でハッピーなテレビライフをお楽しみくださいませ♬

また、何かございましたらお気軽にお問い合わせください📞

 

【みずほアンテナInstagram】

みずほアンテナではInstagramも毎日更新しております🌟

お気軽にみずほアンテナの施工写真を見るなら、みずほアンテナInstagramもおすすめです⭕️

 

こちらから飛べますので是非覗いてみてください🙋🏻‍♀️🔍

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します