クレジットカード
0120790837
圧倒的な実績を誇るみずほアンテナ

大阪市浪速区地域のアンテナ工事に関する写真一覧

続きを見る

大阪市浪速区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

  1. 大阪市浪速区のアンテナ工事・設置・取り付け情報大阪市浪速区は、一帯は上町台地西側の平地で、北辺では道頓堀川(西道頓堀川)が、西辺では木津川が区境となっています。また区東部には1733年(享保18年)に難波入堀川(難波新川)と呼ばれる運河が開削されましたが、1958年(昭和33年)に埋め立てられました。日本一面積の小さな行政区でもあります。比較的地価が安いため、アジア・ヨーロッパ・アメリカ・オセアニアなどからの出稼ぎ労働者やホステス、外国語教師など外国人の居住が多いほか、若い単身者向けのワンルームマンションも多いのも特徴です。区の人口は1940年(昭和15年)に約15万人いたが、その後の空襲による市街地の破壊やドーナツ化現象、生活環境の著しい悪化などに伴い長く減少傾向にありました。しかし近年再開発によりマンション建設が進み、都心回帰によって再び増加傾向にあり、特に単身男性の転入が加速しており、浪速区の性比(女性を100とした時の男性の比率)は大阪市95.0に対して104.8とかなり男性の割合が高くなっております。なおこの数値は南隣の西成区に次いで大阪市内第2位で、長らく大阪市内で人口が最も少なかったが、都心回帰による流入増加で20145月に此花区と大正区の人口を上回りました。こうした浪速区の都心再開発プロジェクトにはOCAT、湊町リバープレイスを中心としてオフィスビル、高層マンション群と産経新聞社などを誘致したルネッサなんばプロジェクト、南海なんば駅前、大阪球場跡を再開発した商業施設、シネマコンプレックスとオフィスビル、高層マンションの複合体なんばパークス等があります。大阪市浪速区の人口は、総人口が72,350人(推計人口、2017101日)となっております。

    大阪市浪速区の電波状況は、通常のデジタル放送については、基本的に問題ありません。大阪市内の中心部については一部、弱電界エリアがあります。密集地では事前の電波計測を行うのが無難だと思われます。SUNテレビについては、一部どうしても難しいエリアがあります。こちらも事前の電波計測を行うことが無難です。一度みずほアンテナまでご相談くださいませ。KBS京都は、一部どうしても難しいエリアあります。大阪市浪速区の放送受信契約数は、17, 868件で、 衛星契約数は、6, 809件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。

  • みずほ施工ブログ | 日々の対応実績をご覧ください
  • 料金以外のメリット! | 料金以外のこんなメリットが
  • よくあるご質問 | お客様の疑問を集めました

東海対応エリア

九州対応エリア

年内拡大予定!

各種クレジットカードをお使い頂くことが出来ます。

※一部エリアにおいてカードが使えない場合がございます。
※手数料がかかる場合がございます。