クレジットカード
0120790837
圧倒的な実績を誇るみずほアンテナ

磯城郡田原本町地域のアンテナ工事に関する写真一覧

続きを見る

磯城郡田原本町のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

  1. 磯城郡田原本町のアンテナ工事・設置・取り付け情報磯城郡田原本町は、奈良盆地の中央部に位置し、東西約5.8キロメートル、南北6.1キロメートル、総面積は、21.09平方キロメートルの町です。町の東部を大和川、中央部を寺川、西部を飛鳥川、曽我川がそれぞれ北流し、これらの河川にはさまれた平坦地として形成され、豊かな田園都市という風貌を見せています。周りを山に囲まれ、夏は暑く、冬は寒い典型的な盆地型気候で、周辺の山地に比べて雨が少ないのが特徴です。本町は、歴史の国、大和の中でもっとも早くから開けたところで、弥生時代の大遺跡「唐古・鍵遺跡」など数多くの文化遺産が残っています。水田は、古代から条里制が整備され、中世には、東大寺や興福寺などの荘園が設けられました。また、水陸交通の要衝の地にあることから、町の中心の田原本地区は中世に楽田寺の門前として開け、近世には教行寺の寺内町として発展しました。江戸時代には交代寄合の平野氏の陣屋町として栄え「大和の大坂」といわれるほど商業が盛んとなりました。明治22年町村制施行に際して、田原本町が発足、大正7年には大和鉄道(現近畿日本鉄道田原本線)が、同12年には大軌電車(現近畿日本鉄道橿原線)が開通し、駅前には映画館や飲食店がある商店街が形成され、近隣町村を含む広範囲な商圏を持っていました。昭和31年には、多村、川東村、平野村、都村、田原本町の5か町村が合併して新しい田原本町が誕生しました。昭和40年代から京阪神のベットタウンとして宅地開発が進み、現在、33千人を数える町に成長しています。そして、平成29年度より第5次田原本町行政改革大綱がスタートしました。大綱では、基本目標を「効率的で質の高い行政サービスを実現するために(行財政基盤の強化)」とし、本町の最上位計画である「田原本町第4次総合計画」に掲げるまちづくりの円滑な推進を下支えするものとして位置づけています。大綱に基づく効率的な行財政運営により、住民に質の高い行政サービスが提供できるよう目指しています。磯城郡田原本町の人口は、総人口が31,324人(推計人口、2017101日)となっております。

    磯城郡田原本町の放送受信契約数は、9, 412件で、衛星契約数は、3, 899件となっております。

    みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。

  • みずほ施工ブログ | 日々の対応実績をご覧ください
  • 料金以外のメリット! | 料金以外のこんなメリットが
  • よくあるご質問 | お客様の疑問を集めました

東海対応エリア

九州対応エリア

年内拡大予定!

各種クレジットカードをお使い頂くことが出来ます。

※一部エリアにおいてカードが使えない場合がございます。
※手数料がかかる場合がございます。