クレジットカード
0120790837
圧倒的な実績を誇るみずほアンテナ

奈良県奈良市地域のアンテナ工事・施工実績

  • ブログ写真
  • ブログ写真

奈良市地域のアンテナ工事に関する写真一覧

続きを見る

奈良市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

  1. 奈良市のアンテナ工事・設置・取り付け情報奈良市が、歴史の表舞台に登場するのは、元明天皇が和銅3年(西暦710年)に藤原京からこの地に都を遷したことに始まります。以来7代の天皇、70余年の間首都として栄え、天平文化の華を咲かせました。しかし、延暦3年(784年)に桓武天皇が山城の長岡京に遷られると、政治都市であった平城京は荒廃した。ただ東大寺、興福寺などの諸寺や、藤原氏の氏神春日社は、その後も広大な荘園を手に入れ平安京の諸寺と対抗し、かつての平城京外京の地は、その門前町となって南都と呼ばれました。その後、豊臣秀吉の行った全国の検地と寺領整理により荘園制度は終止符を打ち、今まで指導的立場にあった東大寺や興福寺などの南都諸大寺の勢力は衰えました。秀吉の後を継いだ家康は奈良奉行を置いて管理し、産業の奨励にも努めたので製墨、奈良晒などが発展しました。

    明治28年に現在の奈良国立博物館が設置され、明治3121日、人口29,986人で市制が施行されました。その後、明治42年には現在の奈良女子大学が創立され、奈良市は県都として政治、文化、交通の中心地として発展していきました。戦後、日本文化のふるさととして多くの観光客を受け入れるようになり、奈良の持つ文化的、観光的価値を将来に生かしていく目的で、昭和25年には国際文化観光都市を宣言し近代都市を目指すとともに、隣接町村との合併を行い、観光都市としての性格を備える一方、京阪神のベッドタウンとして市西部や北部に近代的な住宅団地が次々と建設され、人口は急激に増加しました。市制100周年に当たる平成10年には、「古都奈良の文化財」として8資産群がユネスコの世界遺産に登録され、平成1441日には中核市に移行。さらに、平成1741日には月ヶ瀬村、 村と合併し、面積276.84k㎡、人口37.3万人となり、平成2941日現在、面積276.94 k㎡、人口35.9万人となっています。

    奈良市の中継局は、大阪(生駒山)、都祁、奈良西となっており、放送局は、NHK教育と総合となっております。

    そして、奈良市の放送受信契約数は、123, 223件で、衛星契約数は、61, 859件となっております。

    みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。

  • みずほ施工ブログ | 日々の対応実績をご覧ください
  • 料金以外のメリット! | 料金以外のこんなメリットが
  • よくあるご質問 | お客様の疑問を集めました

東海対応エリア

九州対応エリア

年内拡大予定!

各種クレジットカードをお使い頂くことが出来ます。

※一部エリアにおいてカードが使えない場合がございます。
※手数料がかかる場合がございます。