クレジットカード
0120790837
圧倒的な実績を誇るみずほアンテナ

北葛城郡上牧町地域のアンテナ工事に関する写真一覧

続きを見る

北葛城郡上牧町のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

  1. 北葛城郡上牧町のアンテナ工事・設置・取り付け情報北葛城郡上牧町は、奈良盆地の西部にあり、町の西側を葛下川が、中央を滝川が流れ、豆山や丘陵地帯が広がるところです。面積は6.14平方キロメートルで、東西2.1キロメートル、南北3.6キロメートルのほぼ長方形です。北は王寺町に、東は河合町、南は広陵町、西は香芝市に接しています。「かんまき」の呼び名の起こりは、この地一帯がゆるやかな丘陵地帯で放牧に適していたところで上の牧場、下の牧場があったところからと推測できます。「日本書記」「続日本記」によってもそのことがうかがわれます。上牧は当時の宮廷人たちのリゾート地で、しばしその歩を止めたといわれるほど南上牧から井戸ヶ尻に至る眺めはすばらしく、このあたり一帯はすべて古墳だと言われています。元亀・天正の戦乱の時期になると、片岡氏が町内の下牧地区に城(片岡城)を築きました。しかし天正2年、その子孫弥太郎春之のときに松永久秀の軍勢により攻め落とされました。その後、城は松永のものになりました。織田信長配下の松永は信長に反旗を翻し、それにより天正5年に明智光秀や筒井順慶らに攻められ落城しました。元和以降、町内の上牧地区は藤林代官による四代73年の支配を経て、また下牧地区は本多大内記正勝らの郡山藩の支配を経て、また享保9年、甲府の柳沢甲斐守吉里のもとに上牧地区・下牧地区ともに柳沢郡山藩の支配に移りました。明治4年の廃藩置県で奈良県の上牧村、下牧村となり、明治22年の町村制実施により中筋出作地区を加えて合併し上牧村となりました。奈良県内18番目の町として上牧町が誕生したのは昭和4712月のことです。町の木は、「槙」となっておりまして、槙の木は庭木としてよく植えられていますが、幹はまっすぐに伸び、葉は密生していて上を向いています。しかも決して下を向かないといわれています。この木のように人の心もまっすぐで、太陽に向かってすばらしい住みよい町作りをイメージしています。北葛飾郡上牧町の人口は、総人口が22,713人で、男性は10,787人、女性は11,926人、世帯数は9,919世帯(平成291130日現在)となっております。

    北葛飾郡上牧町の放送受信契約数は、 6, 412件で、衛星契約数は、2, 915件となっております。

    みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。

  • みずほ施工ブログ | 日々の対応実績をご覧ください
  • 料金以外のメリット! | 料金以外のこんなメリットが
  • よくあるご質問 | お客様の疑問を集めました

東海対応エリア

九州対応エリア

年内拡大予定!

各種クレジットカードをお使い頂くことが出来ます。

※一部エリアにおいてカードが使えない場合がございます。
※手数料がかかる場合がございます。