クレジットカード
0120790837
圧倒的な実績を誇るみずほアンテナ

生駒郡斑鳩町地域のアンテナ工事に関する写真一覧

続きを見る

生駒郡斑鳩町のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

  1. 生駒郡斑鳩町のアンテナ工事・設置・取り付け情報生駒郡斑鳩町は、奈良盆地の西北部から矢田丘陵の南端にあり、町の中心は北緯3436分東経13544分に位置しています。また、町の南には大和川が流れ、東には富雄川、西には竜田川が流れています。町の地理的な位置をみると、北側は生駒市、南側は大和川を隔てて王寺町、河合町、東側は、大和郡山市、安堵町、西側は、平群町、三郷町に接しています。斑鳩町の歴史は古く、聖徳太子が飛鳥から斑鳩宮に移ってきたことで斑鳩の地は一躍脚光を浴びました。中世以降、斑鳩は仏教信仰の地として太子信仰の中心地となり、集落の成立にも大きな影響を与えるようになりました。近世に入り交通の要所であった法隆寺の門前や大阪街道に接した竜田村は市や宿場町として栄え、その後、明治の廃藩置県を経て、昭和22211日、龍田町、法隆寺村、富郷村が合併して現在の斑鳩町が誕生しました。「斑鳩(いかるが)」という名の由来は、一説によると、この地に斑鳩という鳥が群をなしていたためだと言われています。この鳥はイカルという鳥で、漢字で斑鳩・鵤とも書きます。また、伊香留我伊香志男命(いかるがいかしおのみこと)がこの地の神として祀られていたからという説もあります。古代の大和国平群郡夜麻(やま)郷、坂戸郷の地であり、龍田川が大和川に合流する地点の北西にある神南備・三室山山頂に延喜式内・神岳(かむおか)神社が鎮座しています。飛鳥時代には聖徳太子が斑鳩宮を営み、当時創建された法隆寺、法起寺、法輪寺、中宮寺は現在に伝わり法隆寺と法起寺が世界遺産に登録されています。近年、藤ノ木古墳の発掘でも有名になりました。また、飛鳥時代に聖徳太子の手によって法隆寺が建立されたことなどでよく知られており、古い歴史を持つ町です。法隆寺のすぐ西に広がる西里の集落は、近世初期の日本で最も組織的な力をふるった大工棟梁中井正清の育った集落でもあ李、それ以外にも多くの古い町並みが存在しますが、高度経済成長以降、大阪のベッドタウンとして都市化が進み、落ち着いた町並みも、もはや過去のものとなりつつあります。古都保存法の指定都市でもあります。生駒郡斑鳩町の総人口は28,230人で、男性が13,403人、女性が14,827人、世帯数は11,600世帯(2017930日現在)となっております。

    生駒郡斑鳩町の放送受信契約数は、8, 583件となっており、衛星契約数は、4, 240件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。

  • みずほ施工ブログ | 日々の対応実績をご覧ください
  • 料金以外のメリット! | 料金以外のこんなメリットが
  • よくあるご質問 | お客様の疑問を集めました

東海対応エリア

九州対応エリア

年内拡大予定!

各種クレジットカードをお使い頂くことが出来ます。

※一部エリアにおいてカードが使えない場合がございます。
※手数料がかかる場合がございます。