クレジットカード
0120790837
圧倒的な実績を誇るみずほアンテナ

生駒郡安堵町地域のアンテナ工事に関する写真一覧

続きを見る

生駒郡安堵町のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

  1. 生駒郡安堵町のアンテナ工事・設置・取り付け情報生駒郡安堵町は、奈良県生駒郡の町で、面積4.31平方キロメートル(東京ドーム換算にすると約100個分に相当するといわれています。)であり、大阪府泉北郡忠岡町、奈良県磯城郡三宅町に次いで全国で3番目に小さい町となっております。大和盆地中央部に位置し、田園地帯が広がっており、町西側には富雄川、南側には大和川が流れています。隣接する大和郡山市や川西町とともに、西名阪自動車道沿道付近を中心として工場や倉庫が点在しているのも特徴的です。大和川に富雄(とみお)川が注ぐ低地で、かつては洪水が頻発していた地域でもあります。稲作やトマト・イチゴの施設園芸が盛んで、繊維・機械などの工場が進出し、宅地化が進んでいます。陶芸美術館の富本憲吉(とみもとけんきち)記念館、中家(なかけ)住宅(国指定重要文化財)があります。町の花としては、「テイカカズラ」と「ナデシコ」があり、テイカカズラは、蔓性で4月、5月に5弁の白い花が咲き、新古今和歌集の選者である藤原定家が特に好んだことから「テイカカズラ」と呼ばれ「ツルくちなし」という別名もあります。この花は、近代陶芸の巨匠人間国宝富本憲吉氏が最も愛した花と言われています。ナデシコは、やさしい草姿に可憐な花を咲かせ、香りも魅力です。江戸時代より、キクやサクラソウ、ハナショウブ、ナデシコの栽培が盛んであり、安堵でもたくさんのナデシコが咲いていました。町の木は、モチノキで雌雄異株の常緑高木で、開花期は春。花弁はうすい黄色でごく短い枝に束になって咲きます。雄花には4本のおしべ、雌花には緑色の大きな円柱形の子房と退化したおしべがあり、晩秋に赤い果実をつける。富本憲吉氏の生家にモチノキがありました。生駒郡安堵町の人口は、総人口が7,509人で、世帯は3,438世帯、男性が3,589人、女性が3,920人(2017121日現在)となっております。

    生駒郡安堵町の、放送受信契約数は、2, 103件、衛星契約数は、805件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ、万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。また、業界では最長の8年保証もございます。低価格高品質で取り組んでおりますので、どんな些細なことでも構いません。まずは是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。

  • みずほ施工ブログ | 日々の対応実績をご覧ください
  • 料金以外のメリット! | 料金以外のこんなメリットが
  • よくあるご質問 | お客様の疑問を集めました

東海対応エリア

九州対応エリア

年内拡大予定!

各種クレジットカードをお使い頂くことが出来ます。

※一部エリアにおいてカードが使えない場合がございます。
※手数料がかかる場合がございます。