クレジットカード
0120790837
圧倒的な実績を誇るみずほアンテナ

大山崎町地域のアンテナ工事に関する写真一覧

続きを見る

大山崎町のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

  1. 大山崎町のアンテナ工事・設置・取り付け情報大山崎町は、京都盆地の南西端である乙訓地域の西端に位置し、東は京都市、北は長岡京市、南は桂川・淀川を隔てて八幡市と相対し、西は天王山を背景に大阪府島本町と接して、京都、大阪へそれぞれ15キロメートル、30キロメートルの距離にあります。町域は、5.97平方キロメートルで、北に広く南に狭い扇状をなしています。本町は、京都府の南部、滋賀、奈良にまたがる地域を集水区域とする淀川水系の桂川・宇治川・木津川の三川が合流する地域にあり、また、名神高速道路、東海道本線、新幹線などの国土幹線が縦横に走っており、治水上、交通上、重要な役割を担っています。大山崎町の地形は、大きく東西に分かれ、町の西は山地で秩父古生層からなり、南端近くに山崎合戦で有名な天王山があります。一方、東部では、山地の東から小泉川にかけて新旧の洪積層からなる台地と段丘が展開しています。また、国道171号沿いは土地が低く水田が広がり、長い間水害常襲地となっていましたが、治水や埋め立てにより近年は工場や住宅が進出し、景観が大きく変化してきました。大山崎町に人が暮らし始めたのは今からおよそ2万年前の旧石器時代です。

    その後、縄文・弥生・古墳時代と集落が営まれ、奈良時代以降、都への交通の要衝として物資や人々の行き来が多くなり、 たくさんの公的施設や貴族の屋敷が建ち並び、ますます繁栄します。平安時代には山城の国の国府が当地におかれ、平安京の西の玄関口としてにぎわいました。鎌倉・室町時代になると大山崎は荏胡麻油生産者である神人たちの活躍により経済力を持ち、活気に満ちた自治都市として 広く知られるようになります。やがて戦国時代も終わりの頃、「天下分け目の天王山」で有名な「天正山崎合戦」が羽柴秀吉と 明智光秀の間で戦われ、勝利した秀吉は当地に城を築き、秀吉の茶頭であった千利休が茶室「待庵」を造ったといわれます。

    大山崎町の人口は、総人口が15,452人(推計人口、2017101日)となっております。大山崎町の中継局は、京都(比叡山)で、放送局は、NHK教育、広域民放4社となっております。大山崎町の放送受信契約数は、4, 662件で、衛星契約数は、2, 201件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。

  • みずほ施工ブログ | 日々の対応実績をご覧ください
  • 料金以外のメリット! | 料金以外のこんなメリットが
  • よくあるご質問 | お客様の疑問を集めました

東海対応エリア

九州対応エリア

年内拡大予定!

各種クレジットカードをお使い頂くことが出来ます。

※一部エリアにおいてカードが使えない場合がございます。
※手数料がかかる場合がございます。