クレジットカード
0120790837
圧倒的な実績を誇るみずほアンテナ

日立市地域のアンテナ工事に関する写真一覧

続きを見る

日立市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

  1. 日立市のアンテナ工事・設置・取り付け情報日立鉱山から発展した鉱工業都市である。1905年(明治38年)、江戸時代から採掘されていた日立村の赤沢銅山を久原房之助が買収し、村名にちなんで日立鉱山に改名、久原鉱業所(現在のJX金属)を創業して以来の企業城下町として、後年はその機械部門が分離・独立した日立製作所・日立グループの企業城下町となるが、現在の日立グループの本拠は東京に所在している。他に、日立市と同様に鉱山町から企業城下町になった地域としては、新居浜市(別子銅山住友グループ)が代表的である。戦後の一時期、人口は県庁所在地の水戸市を上回っていたことがある。しかし、近年は日立グループの再編などによって人口が減少し、十王町の編入にもかかわらずかつて21万人を数えていた人口も20万人を割った。現在はつくば市に抜かれ、県内3位となっている。太平洋と阿武隈高地に挟まれているため、茨城県では北に位置しているにもかかわらず気候は比較的温暖であり、同じ茨城県内の大洗や鹿嶋よりも、福島県浜通り南部の小名浜や広野に近似する気候である。1月の平均気温は4.4℃と、茨城県中部の水戸や南部の土浦、千葉県北西部の我孫子よりも高い。また、夏もさほど気温が高くならない。日立市の人口は180,257人で男性が90,119人、女性が90,138人、世帯数は78,473世帯(平成3011日現在)となっています。

    日立市の放送受信契約数は69, 441件で、衛星契約数は34, 975件となっています。新築の場合は、地デジ放送を視聴するためのアンテナを設置しなければなりません。 マンションやアパートなどの物件は、あらかじめアンテナが設置されていることがほとんどであるため、引っ越した日から地デジを視聴することができます。 しかし、新築一戸建ての場合はアンテナ工事を行い、新しくアンテナを設置しなければならないのです。 初めてアンテナ工事をするという人がほとんどでしょう。 アンテナ工事は、素人が簡単にできるものではありません。 アンテナ工事業者に依頼をして、アンテナを設置してもらうと安心です。 日立市でも、場所によって中継局が異なります。 住んでいる場所から一番近い中継局を探し、アンテナをその方向に向ける必要がありますが、アンテナの向きがずれていると、電波の受信が弱く、綺麗に地デジが映らない恐れがあるのです。 一番近い中継局に調整しても地デジの電波が弱い場合は、ブースターを設置し電波を増幅しましょう。 アンテナ工事業者に調査をしてもらい、電波が弱い場合の対処もしてもらうと安心です。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。

  • みずほ施工ブログ | 日々の対応実績をご覧ください
  • 料金以外のメリット! | 料金以外のこんなメリットが
  • よくあるご質問 | お客様の疑問を集めました

東海対応エリア

九州対応エリア

年内拡大予定!

各種クレジットカードをお使い頂くことが出来ます。

※一部エリアにおいてカードが使えない場合がございます。
※手数料がかかる場合がございます。