岐阜県養老町

施工ブログ一覧

もっと見る

岐阜県養老町のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

揖斐郡のアンテナ工事・設置・取り付け情報

養老町は、岐阜県の南西部、西側を養老山地、東側を揖斐川に挟まれ、南北に細長く広がっている町です。町名の由来は、奈良時代の元正天皇がこの町を訪れたときに、若返りの滝の水(養老の滝またはその近くにある菊水泉)があることを知り、その後元号を「養老」と改元したことが養老町の原点です。町の面積は、72.29k㎡。人口は、27,180人となっています(2019年6月1日現在)。50代~60代の割合が一番多いですが、10代~20代の割合もそこそこ多いのも特徴です。町内には養老鉄道養老線が走っており、養老駅、美濃高田駅、烏江駅の3駅があります。中心駅の養老駅から、東海道新幹線の岐阜羽島駅、JR東海道本線大垣駅までともに約25分で着きます。高速道路も複数本(名神高速道路・東海環状自動車道)通っており、物流や人の移動に重要な役割を担っています。2015年より、町の魅力を全国に広めるために、養老町特産ブランド認証事業が始まりました。現在では「最中」「お米」「ソーセージ」といったものが、地場商品としてブランド化し販売を行っています。ふるさと納税の返礼品にも活用しています。観光スポットの代表として「養老の滝」があります。落差32m、幅4mあり、日本の滝百選及び養老の滝・菊水泉に選定されています。養老の滝の近くに「女滝」と呼ばれる滝もあります。落差30m・幅3mあり、奈良時代に聖武天皇が養老御巡幸のときに、4日間の駐留に騎馬隊が馬の食糧を、この女滝付近の山から提供したことから名前が付けられました。滝のそばには遊歩道が整備されており、春には桜、秋には紅葉の観光スポットとなっています。養老山の登山口がこの滝の上にあり、登山道が少し上流の滝谷を横切っています。遊歩道ですが、車での乗り入れができます。養老町の放送受信契約数は8,447件で衛星契約数は3,629件となっています。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。養老町の実績も豊富で経験豊富なスタッフがお伺いいたします。毎日、ご視聴されるテレビだからこそ、万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。また、業界では最長となる8年間無料保証も取り入れておりますので、どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。