岐阜県八百津町

施工ブログ一覧

もっと見る

岐阜県八百津町のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

揖斐郡のアンテナ工事・設置・取り付け情報

八百津町は、岐阜県の南中部、北の飛騨川と南の木曽川に挟まれた町です。八百津の地名の由来は、丸山ダムができる前に、町を流れる木曽川に木材を流しており、それを集積する港(津)が多い(八百)ことから付けられました。町の面積は、128.79k㎡。人口は、10,198人(男性:5,288人、女性:5,630人)、総世帯数は4,318世帯となっています(2019年10月1日現在)。標高120m前後の河岸段丘に沿って住宅、農地が広がっています。町内に鉄道は走っておらず、最寄り駅は名鉄広見線明智駅(可児市)またはJR高山本線古井駅(美濃加茂市)、中川辺駅(川辺町)の3駅となります。国道418号と国道41号が町内を通っており、長野県・富山県・愛知県を結ぶ主要道路となっています。町内の有名スポットとして「人道の丘公園」があります。1992年にオープンした公園ですが、外交官の杉原千畝の功績をたたえる目的からこの公園が作られました。園内には「杉原千畝記念館」があり、檜材を使用した伝統構法で造られました。その結果、岐阜県21世紀ふるさとづくり芸術賞を受賞しました。建物内部は、ナチスドイツから逃亡してきたユダヤ人を救出するため、ビザ発行を行った当時のカウナス領事館にて、杉原千畝が行った仕事を再現した様子などが展示されています。毎年4月の第2日曜日とその前日の土曜日に、「八百津だんじり祭り」が行われます。元禄年間(1688~1704)から続くお祭りで、「八百津の産土神(うぶすながみ)」である、大舩神社を会場中心として行われます。当日祭には、船を形どった山車(だんじり)3両が引き出され、町内を練り歩きます。美しく飾られた勇壮な山車は、どっしりと重く大きなかけ声とともに引っ張られ、男達の巧みなテコ捌きで町並みを練り歩く姿は熱気にあふれ、見物人の中からは大きな歓声とどよめきが湧き起こります。別名「けんか祭り」とも呼ばれています。八百津町の放送受信契約数は3,837件で衛星契約数は2,595件となっています。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。八百津町の実績も豊富で経験豊富なスタッフがお伺いいたします。毎日、ご視聴されるテレビだからこそ、万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。また、業界では最長となる8年間無料保証も取り入れておりますので、どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。