岐阜県関ケ原町

施工ブログ一覧

もっと見る

岐阜県関ケ原町のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

揖斐郡のアンテナ工事・設置・取り付け情報

関ケ原町は、岐阜県の南西部、、伊吹山の南東麓に位置する町で、西側は滋賀県と隣接し、町の南北が盆地となっている町です。古くから中山道の通り道であり、関所が置かれていたことから、近畿地方や東海地方と東国を結ぶ重要な拠点地でした。関ケ原という地名の由来は、「関所」のある「原っぱ」だったことから付けられました。町の面積は、18.78k㎡。人口は、7,021人(男性:3,420人、女性:3,601人)、総世帯数は2,732世帯となっています(2019年10月1日現在)。気候は、内陸部に位置しているものの、日本海側気候に属しています。これは、山地が途切れている地形上、日本海の若狭湾から伊吹山地を経て吹き込む季節風(伊吹おろし)によって雪雲が流れやすく、豪雪地帯に指定されているためです。夏場は内陸に位置しているものの、35度を超える日は、ほとんどありません。かつて中山道の通り道かつ関所が置かれた名残もあり、町内には東海道新幹線とJR東海道本線、名神高速道路が走っています。新幹線の最寄り駅であるJR米原駅は、電車で20分ほどで着くほど、交通の便は比較的良いところです。一度は聞いたことがある「関ケ原の戦い」が繰り広げられた地でもあります。また、飛鳥時代の672年、大海人皇子と大友皇子による「壬申の乱」が行われたのも、この関ケ原です。この2つの戦いは、天下分け目の戦いとして受け継がれていることから、日本の歴史を語るうえで、外すことのできない貴重な場でもあります。町内には特に、関ケ原の戦いにまつわる史跡が多く残っています。「関ヶ原古戦場跡」や「笹尾山-石田三成陣跡」、「桃配山-徳川家康最初陣跡」「不破の関跡」などは、価値ある史跡として、多くの歴史マニアが訪れます。関ケ原町の放送受信契約数は7,743件で衛星契約数は3,633件となっています。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。関ケ原町の実績も豊富で経験豊富なスタッフがお伺いいたします。毎日、ご視聴されるテレビだからこそ、万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。また、業界では最長となる8年間無料保証も取り入れておりますので、どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。