岐阜県御嵩町

施工ブログ一覧

もっと見る

岐阜県御嵩町のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

揖斐郡のアンテナ工事・設置・取り付け情報

御嵩町は、岐阜県の南中部、木曽川南岸に位置する町です。町内には一級河川の可児川が流れています。町の中心部は、濃尾平野の端部になっています。町の約60%が山林が占め、標高は97~465mの高低差です。町の面積は、18.78k㎡。人口は、18,296人(男性:9,141人、女性:9,155人)、総世帯数は7,405世帯となっています(2019年10月1日現在)。2000年ごろに人口が2万人を超えていましたが、徐々に減少し今では2万人を切っています。町内には名鉄広見線 が走っており、御嵩駅(中心駅)、御嵩口駅、顔戸駅の3駅あります。途中、新可児駅からJRを利用すると、名古屋駅まで行くことができます。道路は、東海環状自動車道の可児御嵩ICが最寄りであり、名古屋方面にアクセスが可能です。観光名所の1つとして「鬼岩公園」があります。御嵩町から瑞浪市に渡る公園であり、飛騨木曽川国定公園の中にあります。鬼岩は国の名勝および天然記念物に指定されています。鬼岩の由来は、1200年ころに、「関の太郎」という鬼人が住んでいた事から、この地を鬼岩と呼ぶようになりました。花崗岩が数百万年にわたって浸食されてできた巨岩や奇石があり、ツツジやモミジの花が多く咲くことから、秋は紅葉の名所となっています。近くには鬼岩温泉(硫黄化水素泉、ウラン鉱泉)があり、地元住民も利用するほどです。

毎年2月3日に「福おにまつり」といわれる、節分祭が行われます。ここでの豆まきは一風変わっていて、鬼が福を運んでくるため、豆を撒く時の掛け声が「鬼は内、福は内」となっているのです。2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の舞台にもなっており、町内で推進協議会が立ち上がったため、今後観光振興の分野で観光誘致に取り組むことになっています。御嵩町の放送受信契約数は5,915件で衛星契約数は2,883件となっています。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。御嵩町の実績も豊富で経験豊富なスタッフがお伺いいたします。毎日、ご視聴されるテレビだからこそ、万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。また、業界では最長となる8年間無料保証も取り入れておりますので、どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。