岐阜県川辺町

施工ブログ一覧

もっと見る

岐阜県川辺町のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

揖斐郡のアンテナ工事・設置・取り付け情報

川辺町は、岐阜県南中部、濃尾平野の北東部に位置する町で、町の中央部を南北に沿って飛騨川が流れていて、町全体の7割が山林で占めた自然が多い町です。町には飛水湖(川辺ダム湖)という名の湖があり、1989年から「ボート王国かわべ」のキャッチフレーズを掲げ、遊歩道の整備や広場の整備に取り組み、町の活性化を図っています。町の面積は、41.16k㎡。人口は、9,902人となっています(2019年6月1日現在)。気候は、内陸部に位置していることから、典型的な内陸性気候となっています。そのため、冬は朝晩氷点下5℃近くまで下がり、夏の日中は35℃を超える日も珍しくないという気温差が大きいところです。町内には、JR高山本線が通っており、中川辺駅(町の中心駅)と下麻生駅の2つがあります。中心の中川辺から岐阜駅までは、およそ75分で着きます。町で一番有名なイベントが「川辺おどり・花火大会」です。毎年8月の第2土曜日に行われ、3万人以上が訪れる大きなイベントです。町内在住の女性メンバーで結成されたグループで「川辺太鼓」を披露したりと、町の文化を前面に出しているのが特徴となっています。花火も45分間で約3,000発が打ちあがり、訪れる客を魅了します。有名スポットとして、町の活性化のシンボルとなっている「岐阜県川辺漕艇場」があります。飛騨川に作られたダム湖は、全国有数のボート競技場としてスポーツ界に貢献しています。ボート競技するのに絶好のコンディションであるため、高校総体などの国内大会だけではなく、東アジア競技大会などの国際大会でも使われた実績があります。また、この付近の学校では、ボート体験が行われたりと、幅広い目的で使用されています。ボートだけではなく、湖周辺には1週3.3キロの遊歩道があり、1年を通してボートや花木を見ながら散歩できます。川辺町の放送受信契約数は3,468件で衛星契約数は1,766件となっています。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。川辺町の実績も豊富で経験豊富なスタッフがお伺いいたします。毎日、ご視聴されるテレビだからこそ、万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。また、業界では最長となる8年間無料保証も取り入れておりますので、どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。