岐阜県笠松町

施工ブログ一覧

もっと見る

岐阜県笠松町のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

揖斐郡のアンテナ工事・設置・取り付け情報

笠松町は、岐阜県南部、濃尾平野の南部に位置しています。町の3分の1を木曽川が占めています。そのため、古くから木曽川を通じて名古屋や岐阜を結ぶ交通の要衝となっています。一方で、水害に悩まされた地域でもありました。1662年に町名を、今の「笠松」になりましたが、それまでは「傘松」という地名でした。江戸時代に、幕府の直舗地として栄えたことから、その後も岐阜県の中心地として明治時代初期まで、岐阜県庁が置かれていた過去があります。笠松町の面積は、10.30㎢、人口は22,227人、総世帯は9,012世帯となっています(2019年10月1日現在)。かつては岐阜市を含めた、2市4町との広域合併について議論されてきたが、町が合併に対する住民投票を行った結果、反対多数となり、合併することはなくなり、現在の笠松町に至ります。狭い町でありながら鉄道は通っており、名鉄の笠松駅と西笠松駅があります。道路も道幅が狭い県道が、狭い範囲に密集しています。笠松町で由緒ある「八幡神社」があります。毎年4月に「笠松春まつり」が行われ、岐阜県の無形文化財に指定されている「奴行列」が奉納され、境内には山車が練り歩きます。先に説明した通り、江戸時代は幕府の直舗地としての役割を持っていたため、それを表す石碑が建っています。その石碑が建っている場所は現在、小規模の公園になっています。桜の有名スポットとして「奈良津堤の桜(ならづつつみのさくら)」があります。見頃をむかえる3月下旬から4月上旬には、夜間のライトアップが行われ、各地から人が集まり賑わいます。ここの桜並木は2003年に『飛騨・美濃さくら三十三選』に選定されています。また「笠松春祭り」の会場の一つにもなっています。笠松町の放送受信契約数は7,743件で衛星契約数は3,633件となっています。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。笠松町の実績も豊富で経験豊富なスタッフがお伺いいたします。毎日、ご視聴されるテレビだからこそ、万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。また、業界では最長となる8年間無料保証も取り入れておりますので、どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。