岐阜県七宗町

施工ブログ一覧

もっと見る

岐阜県七宗町のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

揖斐郡のアンテナ工事・設置・取り付け情報

七宗町は、岐阜県の南中部、農部平野のやや奥地にある町です。七宗町の「七」は、地元の方言に基づき「ひち」と読みます。町名の由来は、町の北部にそびえる山々が古来より「七宗山」「七宗権現」と呼ばれ崇められてきたことにちなんで、命名されました。美濃加茂市まで約17km、岐阜市までは45km、名古屋市までは59kmの距離にあります。町の面積は、90.47k㎡。人口は、3,758人(男性:1,779人、女性:1,979人)、総世帯数は1,434世帯となっています(2019年4月1日現在)。七宗町の約9割は、標高200~700mの山林が占めています。平地は町内を流れる飛騨川・神渕川とこれらの支流沿いに点在しており、そこを中心に人々が住んでいます。町内には、JR高山本線が走っており、上麻生駅が町の中心駅となっています。国道は1本しか走っていませんが、ほぼ1本道で岐阜市や名古屋市に行くことができるため、アクセスは比較的良好です。飛騨川の河床からは”日本列島最古の石”が発見され、この石は「上麻生礫岩」と呼ばれています。これまで年代測定したものの中では、日本最古のものであることが判明しており、地質学での間でも注目されています。 さらに、飛水峡一帯に点在する甌穴群(ごうけつ)もあります。飛騨川の激流により長い歳月をかけて、岩が浸食されて壺状にえぐられたものです。大きなものでは、穴の直径が5mに及ぶものもあり、その数は約880個あるといわれ、他に類のない規模と量になっています。その関係もあり、1996年に「日本最古の石博物館」をオープンさせました。外観は、UFOをイメージして作られていて、館内は町内で見つかったさまざまな石や、、地球の誕生から現在に至るまでの46億年の歴史が詳細に展示がされています。七宗町の放送受信契約数は1, 366件で衛星契約数は953件となっています。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。七宗町の実績も豊富で経験豊富なスタッフがお伺いいたします。毎日、ご視聴されるテレビだからこそ、万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。また、業界では最長となる8年間無料保証も取り入れておりますので、どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。