クレジットカード
0120790837
圧倒的な実績を誇るみずほアンテナ

名古屋市天白区地域のアンテナ工事に関する写真一覧

続きを見る

名古屋市天白区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

  1. 名古屋市天白区のアンテナ工事・設置・取り付け情報

    名古屋市天白区(てんぱくく)は、名古屋市を構成する行政区16区のひとつであり、名古屋市の東部に位置しており、住宅地の性格が強い区です。中世には鳴海庄天白村でした。天白の名は、1906年に愛知郡天白村が成立したときに、区域を流れる川(天白川)から名前を採ったことに始まります。天白区は、名古屋市の東部丘陵地帯に位置し、南側は緑区、北側は名東区、西側は千種区・昭和区・瑞穂区・南区と接しています。昭和502月に昭和区から分区独立して誕生した名古屋市の中で一番新しい区です。 かつてはのどかな農村地域でしたが、土地区画整理事業による優良な宅地の造成と道路の整備や地下鉄と市バスの公共交通網の整備により平針住宅、島田住宅、相生山団地といった大規模な集合住宅や、多数のマンションなどが立ち並ぶ住宅地域として発展してきました。区の中央部を横断するように天白川が流れ、河川敷の「天白川緑地」では四季を通じて散歩を楽しむ人々が訪れます。区の南西部にある相生山緑地では、市民や地主の皆さんのご協力により、緑地内の雑木林などで自然とふれあうことができる「オアシスの森」が整備されました。また、区の南東部にある荒池緑地は、早春には「しだれ梅まつり」で賑わう農業センターを有する約60ヘクタールの豊かな自然が残る緑地です。毎年区民まつりが行なわれる「天白公園」は、区内でも規模の大きな公園で、里山を活かしつつ親しみやすい公園として整備されています。このような豊かな自然環境も、天白区の財産です。こうした恵まれた環境を活かし、川と人との共生を考える、天白「川辺の楽校」や、農業センター付近を核とした「荒池なごやかファーム構想」により、市民の皆さんとともに歩む「まちづくり」が進行中です。

    名古屋市天白区の総人口は164,144人(推計人口、201841日)となっていて、名古屋市天白区の放送受信契約数は55, 578件で、衛星契約数は、26, 376件となっています。新築の場合は、地デジ放送を視聴するためのアンテナを設置しなければなりません。 マンションやアパートなどの物件は、あらかじめアンテナが設置されていることがほとんどであるため、引っ越した日から地デジを視聴することができます。 しかし、新築一戸建ての場合はアンテナ工事を行い、新しくアンテナを設置しなければならないのです。 初めてアンテナ工事をするという人がほとんどだと思いますが、アンテナ工事は、素人が簡単にできるものではありません。 アンテナ工事業者に依頼をして、アンテナを設置してもらうと安心です。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。

  • みずほ施工ブログ | 日々の対応実績をご覧ください
  • 料金以外のメリット! | 料金以外のこんなメリットが
  • よくあるご質問 | お客様の疑問を集めました

東海対応エリア

九州対応エリア

年内拡大予定!

各種クレジットカードをお使い頂くことが出来ます。

※一部エリアにおいてカードが使えない場合がございます。
※手数料がかかる場合がございます。