クレジットカード
0120790837
圧倒的な実績を誇るみずほアンテナ

名古屋市千種区地域のアンテナ工事に関する写真一覧

続きを見る

名古屋市千種区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

  1. 名古屋市千種区のアンテナ工事・設置・取り付け情報

    名古屋市千種区(ちくさく)は、名古屋市を構成する16区のうちの一つです。設置されたのは1937年(昭和12年)で、旧千種町および旧東山村に当たる地域を東区より分離しました。その後、1955年(昭和30年)に猪高村を編入して、旧・猪高村の地域は1975年(昭和50年)に一部を残して名東区として分離されるとともに、昭和区天白町植田の一部(東山公園内の部分。残部は天白区)を併せて、現在の領域となっています。基本的には東に行くにつれ標高が上がります。特に東山公園から平和公園にかけての一帯は丘陵地帯として知られています。また覚王山周辺も周囲と比較して盛り上がっていて、千種区を東西に横切る広小路通を通ると、このような起伏がよく分かります。区の西部は、今池を中心に飲食店が立ち並び、昼夜を問わず賑わい、魅力ある商業・ビジネスのまちとして発展しています。また、大規模工場跡地の千種二丁目地区には「アーススクエア」と呼ばれる複合拠点施設があります。区の中央部の池下・覚王山・本山から東山にかけての丘陵地には、閑静な住宅街が広がっています。また、本山から昭和区山手通に続く四谷通や星ヶ丘周辺は、多くの学校が点在する文教地区であり、おしゃれな服飾店や喫茶店などが連なり、若さあふれるまちとして賑わっています。 さらに、城山・覚王山地区を中心に多くの寺社や近代建築物などがあり、歴史的資源の豊かなまちでもあります。区の東部には、都市の緑としては国内最大級である410ヘクタールの広さを誇る「なごや東山の森」があります。その一部である、東山動植物園では「人と自然をつなぐ懸け橋」を目指して再生への取り組みをすすめています。名古屋市千種区の平成3051日現在の推計人口は、総数2,318,084人、男1,144,468人、女1,173,616人です。世帯数は1,098,845世帯です。名古屋市千種区の放送受信契約数は60,221件で、衛星契約数は、29,684件となっています。

    新築の場合は、地デジ放送を視聴するためのアンテナを設置しなければなりません。 マンションやアパートなどの物件は、あらかじめアンテナが設置されていることがほとんどであるため、引っ越した日から地デジを視聴することができます。 しかし、新築一戸建ての場合はアンテナ工事を行い、新しくアンテナを設置しなければならないのです。 初めてアンテナ工事をするという人がほとんどだと思いますが、アンテナ工事は、素人が簡単にできるものではありません。 アンテナ工事業者に依頼をして、アンテナを設置してもらうと安心です。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。

  • みずほ施工ブログ | 日々の対応実績をご覧ください
  • 料金以外のメリット! | 料金以外のこんなメリットが
  • よくあるご質問 | お客様の疑問を集めました

東海対応エリア

九州対応エリア

年内拡大予定!

各種クレジットカードをお使い頂くことが出来ます。

※一部エリアにおいてカードが使えない場合がございます。
※手数料がかかる場合がございます。