クレジットカード
0120790837
圧倒的な実績を誇るみずほアンテナ

磯城郡川西町地域に関する写真一覧

続きを見る

磯城郡川西町のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

  1. 磯城郡川西町のアンテナ工事・設置・取り付け情報磯城郡川西町は、大和盆地のほぼ中央に位置する、東西3.4キロメートル、南北1.9キロメートル、総面積5.93平方キロメートルの町です。北は生駒郡安堵町と大和郡山市、南は磯城郡三宅町、東は天理市、西は北葛城郡河合町に接し、4つの河川が一同に集結して大和川に注ぐ水辺の町です。地場産業の「貝ボタン」は全国トップシェアを誇り、結崎ネブカの生産地として全国的に知られています。能楽観世流発祥の地であり、由緒ある神社が存在する歴史ある町でもあります。古くは水運や農業の町として発展してきましたが、近年においては住宅地開発や工業団地の誘致等により、コンパクトな田園都市の機能を備えた緑豊かな町として発展してきました。川西町には国史跡1件、国重要文化財6件、県指定文化財6件、町指定文化財8件の文化財があります(平成23520日現在)。木造阿弥陀如来坐像(昭和24218日 国重要文化財指定)は、像高144.2cm、寄木造、桧(ヒノキ)材でできており、八幡神社境内の北東にあった阿弥陀堂に安置されていた白米寺伝来の像で、桧材に漆箔を施している右手を上に挙げ、左手を膝上に乗せて開き、両手とも親指と人差し指を結ぶ上品下生印を結んでいます。蓮台は蓮肉と華盤のみが旧来のものですが、白毫や頭部の彩色は後世のもので、また光背を欠いています。制作年代としては平安後期の様式と考えられます。結崎の太鼓踊り絵馬(平成6325日 奈良県文化財指定)は、糸井神社の蔵で、おかげ踊り絵馬は天保十三年(1842)、太鼓踊り絵馬は慶応四年(1868)の作です。おかげ踊り絵馬は伊勢神宮に群参した「おかげ参り」に発するもので、おかげ参りから派生し幕末に流行した「ええじゃないか」の様子が描かれているともいわれています。太鼓踊り絵馬にはかつて存在していた神宮寺の僧と思われる人物が燈籠に火をつけたり、スイカを振る舞っている様子が描かれており、特に後者は大和平野におけるスイカ栽培の歴史を知るうえで興味深い資料です。太鼓の音は雷を表すことから雨乞いが行われている図柄であることが分かります。磯城郡川西町の人口は、総人口が8,449人(推計人口、2017101日)となっております。

    磯城郡川西町の放送受信契約数は、2, 552件で、衛星契約数は、1, 135件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。

  • みずほ施工ブログ | 日々の対応実績をご覧ください
  • 料金以外のメリット! | 料金以外のこんなメリットが
  • よくあるご質問 | お客様の疑問を集めました

東海対応エリア

九州対応エリア

年内拡大予定!

各種クレジットカードをお使い頂くことが出来ます。

※一部エリアにおいてカードが使えない場合がございます。
※手数料がかかる場合がございます。