クレジットカード
0120790837
圧倒的な実績を誇るみずほアンテナ

京都市南区地域に関する写真一覧

続きを見る

京都市南区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

  1. 京都市南区のアンテナ工事・設置・取り付け情報京都市南区は、江戸時代の南区域は、葛野郡、紀伊郡、乙訓郡の村々から成り立っていました。明治7年にこれらの村は統合され、さらに明治22年の市制施行により南区域は東九条村、吉祥院村、上鳥羽村、七条村の一部と大内村の一部、久世村から成り立っていました。昭和6年までに久世村を除く各村が京都市下京区に編入され、昭和309月に下京区域のうち、おおむね当時の国鉄東海道本線以南を分区して南区が誕生しました。さらに昭和34年には桂川以西の乙訓郡久世村を編入して、現在の南区となりました。京都市の南部に位置し、おおむね東は鴨川で東山区と伏見区に、西は西京区・向日市に、北はJR東海道線で下京区と右京区に、そして南は伏見区と接しています。ほぼ高低差のない京都盆地上にあり、海抜の最高は東九条河原町付近で28メ-トル、最低は上鳥羽塔ノ森東向町付近で14.58 メ-トルとなっています。区の西部を桂川が、東端は鴨川が、また、区内の中央部を西高瀬川が流れ、桂川に合流する河川の多い区です。現在の南区域は、平安京の造営以来、都の玄関として重要な役割を果たしてきました。九条通より南の鴨川と桂川に挟まれた地域は淀川の水運と都を結ぶ陸路の要衝となったほか、豊かな水に恵まれた近郊農業が発達し、現在まで、良質な京野菜の供給地として知られています。一方、桂川より西側の久世地域は、平安京の造営以前から長岡京の一部として発展してきた地域で、区画整理等の進展で近代的な姿に生まれ変わった現在も、平安京以前の非常に長い歴史を誇る史跡が点在しています。京都市南区から伏見区にかけて産業振興拠点「らくなん進都」の地区が広がり、京都市の11区中では大企業の本社が多いのが特徴的となっております。

    京都市南区の人口は、総人口が100,950人(推計人口、2017101日)となっております。京都市南区の中継局は、京都(比叡山)、将軍塚で、放送局は、NHK教育・総合、広域民放4社となっております。京都市南区の放送受信契約数は、34, 346件、衛星契約数は、16, 378件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。

  • みずほ施工ブログ | 日々の対応実績をご覧ください
  • 料金以外のメリット! | 料金以外のこんなメリットが
  • よくあるご質問 | お客様の疑問を集めました

東海対応エリア

九州対応エリア

年内拡大予定!

各種クレジットカードをお使い頂くことが出来ます。

※一部エリアにおいてカードが使えない場合がございます。
※手数料がかかる場合がございます。