クレジットカード
0120790837
圧倒的な実績を誇るみずほアンテナ

古河市地域に関する写真一覧

続きを見る

古河市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

  1. 古河市のアンテナ工事・設置・取り付け情報古河市は、平成17912日、古河市・総和町・三和町の12町が合併して「古河市」が誕生いたしました。旧古河市は、「万葉集」や「吾妻鏡」に名前が出てくるなど、その歴史は古代にさかのぼります。中世の室町時代、近世の江戸時代においても関東の政治・文化の中心のひとつとして栄えました。明治初期、廃藩置県により古河藩は、古河県、印旛県、千葉県へと編入、最終的に明治8年に茨城県へと編入され、明治以降は製糸業が産業の支えとなっていました。昭和25年に県内で4番目の市制施行、昭和30年の猿島郡新郷村との合併を経て、県西地方の中核的な都市として発展しました。旧総和町は、昭和30年の猿島郡香取村、桜井村、勝鹿村、岡郷村の4カ村合併により総和村が誕生し、昭和43年に町制を施行。新農村建設計画や工業誘致条例の制定、首都圏整備法の都市開発区域の指定、丘里・北利根両工業団地や駒羽根住宅団地の造成等により、純農村から田園工業都市的形態へと移り変わりました。旧三和町は、昭和30年の猿島郡幸島村、八俣村、結城郡名崎村の3カ村合併により三和(みわ)村が誕生し、昭和44年に町制を施行。古くから農業を中心として発展してきましたが、首都60キロメートル圏内という特性から、都市近郊型の露地野菜や花き栽培等の新しい農業が展開されるとともに、住宅開発が進展するなど、純農村型から農住混在型の地域構造に変化しました。行政上では茨城県に属していますが、国道4号(日光街道)や宇都宮線(東北本線)の沿線であることから、経済や教育の面で栃木県・埼玉県・東京都とつながりが強いのが特徴的です。(旧古河市はかつて県西地域で唯一東京大都市圏に属していました)古河市の人口は144,480人で男性が72,977人、女性が71,503人、世帯は60,858世帯(201811日現在)となっています。古河市の放送受信契約数は、44, 591件で衛星契約数は、17, 066件となっています。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。藤岡市の実績も豊富で経験豊富なスタッフがお伺いいたします。毎日、ご視聴されるテレビだからこそ、万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。また、業界では最長となる8年間無料保証も取り入れておりますので、どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。

  • みずほ施工ブログ | 日々の対応実績をご覧ください
  • 料金以外のメリット! | 料金以外のこんなメリットが
  • よくあるご質問 | お客様の疑問を集めました

東海対応エリア

九州対応エリア

年内拡大予定!

各種クレジットカードをお使い頂くことが出来ます。

※一部エリアにおいてカードが使えない場合がございます。
※手数料がかかる場合がございます。