クレジットカード
0120790837
圧倒的な実績を誇るみずほアンテナ

桐生市地域に関する写真一覧

続きを見る

桐生市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

  1. 桐生市のアンテナ工事・設置・取り付け情報桐生市は、古くから織物のまちとして発展してきており、大正10年(1921年)に全国84番目の市として誕生しました。幾多の市域の変遷をへて、平成17613日には新里村、黒保根村と合併し、面積は2倍に拡がりました。桐生市は、群馬県の東南部に位置し、栃木県の足利市と接し、西は赤城山まで達しています。東京には直線距離で90キロ、車で約2時間、JR(新幹線経由)または東武鉄道で約1時間40分で結ばれています。市街地には渡良瀬川と桐生川が流れ、山々が屏風状に連なり、水と緑に恵まれた地に歴史と伝統が息づいています。桐生の歴史は古く、市内からは縄文時代の石器・土器、住居跡が発掘され、なかでも千網谷戸遺跡から出た耳飾りは国の重要文化財に指定されています。桐生の織物の起こりは古く、奈良時代のはじめには絹織物を朝廷に献上し、江戸時代には「西の西陣、東の桐生」とうたわれ、織物の一大産地となりました。織物産業の繁栄を今に伝える町並みがいたるところに残り、のこぎり屋根の織物工場や土蔵造りの店舗など近代化遺産の宝庫となっています。桐生は今でも織物の糸へんで生きるまちですが、近年は自動車関連部品やパチンコ台の製造など機械金属産業が基幹産業となっています。桐生市の人口は、総人口が111,554人(推計人口、2017101日)となっております。

    桐生市の放送受信契約数は、41, 622件で衛星契約数は、17, 235件となっております。桐生市には、桐生中継局という中継局があり、群馬県の両毛地域をカバーしています。この中継局は、デジタル・アナログ共、桐生市広沢町3丁目の茶臼山に置かれています。住みやすい桐生市ですが、アンテナトラブルが発生することがあります。 一般的な家電製品などとは異なり、アンテナの知識を持った人は少ないのではないでしょうか。突然、アンテナトラブルが発生すると、自分で対処することは難しいでしょう。どのようなアンテナトラブルが発生するのか、知っておくことも大切です。アンテナトラブルとして多く発生するのは、電波障害です。これまで綺麗に映っていた地デジが、時間が経つと自然に方向と角度が変わってしまう恐れがあります。 また、住宅の周囲に高層ビルが建つと電波環境が悪くなってしまうため、地デジが映らなくなってしまうのです。このような電波障害が発生したときは、アンテナ工事業者に依頼しましょう。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。

  • みずほ施工ブログ | 日々の対応実績をご覧ください
  • 料金以外のメリット! | 料金以外のこんなメリットが
  • よくあるご質問 | お客様の疑問を集めました

東海対応エリア

九州対応エリア

年内拡大予定!

各種クレジットカードをお使い頂くことが出来ます。

※一部エリアにおいてカードが使えない場合がございます。
※手数料がかかる場合がございます。