地デジアンテナの角度調整は自分でもできる?やり方のポイントは?

地上デジタル放送を受信していると、映りが悪いと感じることもあるでしょう。

それが度々続く場合には対策が必要ですが、その対策の1つがアンテナ角度の調整です。

この調整作業を自分でやってみたいと思っている人もいるでしょう。

しかし、大部分の人にとってはアンテナの調整作業は経験が少ないものです。

やり方がまったくわからないという人も少なくありません。

ここではそのような人のために、地デジアンテナの調整を自分でする時に必要な知識をまとめます。

 

 

【まずは発信所の位置を把握することが大切】

 

地デジアンテナは電波の発信所に向ける必要があります。

そのため、まずは発信所の位置の把握が必要です。

発信所の方向にアンテナを設置したら、実際の映りを確認しながら微調整をします。

方向は正しくても、障害物が原因でうまく受信できないこともあります。

その場合は設置場所を変える、除去できる障害物なら除去するなどの対策が必要です。

住んでいる地域によっては、2つ以上の発信所からほぼ等距離に位置することもあるでしょう。

その場合はまず少しでも近い方にアンテナを向け、もし映りが悪ければもう片方も試してみましょう。

中間の障害物の有無によっては、遠い方に向ける方がよく映る可能性もあります。

 

【発信所の位置を調べる方法は?】

 

発信所の位置を調べる方法は主に2つあります。

1つは総務省サイトで案内されているA-PUBで調べることです。

もう1つの手段として、発信所の位置を調べられるスマホアプリもあります。

1つ目のA-PABは地図や郵便番号、住所などから発信所を探すことができます。

2つ目のスマホアプリは、現在地を入力するかGPS機能をONにするだけで使えるものです。

現在地と最寄りの発信所を結ぶ線が地図上に表示されます。

この2つ方法がもっとも正確かつ簡単な方法です。その他の大雑把な方法としては、近隣の家にある地デジアンテナの方向を見ることも役立ちます。

同じ方向に向けて、あとは微調整をするというやり方でもいいでしょう。

 

【位置を調整しても電波が弱い時の原因と対策】

 

地デジアンテナの角度を正しく設定していて、障害物もないのに電波が弱いということもあるでしょう。

この原因は主に3つあります。

もともと電波が弱い立地であること、複数のテレビで視聴していること、アンテナからテレビまでの距離が長いことです。

1つ目の立地が原因の場合は、ブースターを使うのが特に有効な対策となります。

ブースターは電波を増幅させるものです。

弱い電波でも増幅させれば映りが良くなります。

2つ目の複数テレビでの視聴が原因の場合も、やはりブースターが有効です。

最初の電波を強くすれば、分配しても弱まりません。

3つ目のアンテナとテレビの距離については、通常大きな影響はありません。

しかし、自宅があまりに広い場合や、非効率な配線をしている場合には影響があります。

アンテナやテレビの位置と配線を変えられない場合も、ブースターで補うといいでしょう。(※5)

ブースターを使う場合、やみくもに電波を強くすればいいわけではありません。

電波を強くしすぎると逆に映りが悪くなったりします。(※6)

そのため、今の自宅の環境で電波の強さがどのくらい足りないのか、正確に把握することが必要です。

把握した上で、適度なレベルで電波を強くしてくれるブースターを選びます。

迷った場合は「自動利得調整機能」がついているブースターを使うのがいいでしょう。(※7)

利得とは増幅力の強さのことです。この強さを自動的に調節してくれるブースターであれば、電波が強くなりすぎるリスクはありません。

その他、複数のテレビにつなぐ場合は定格出力の大きさも重要になります。

定格出力は「この大きさの電波までは高品質で出せる」という数値です。

利得の意味は「大きくすること」ですが、定格出力の意味は「大きくしたものを無事に出すこと」となります。

大きな電波を出す場合は出力端子に負担がかかりますが、それにどこまで耐えられるかという数値が定格出力になります。

複数のテレビを使う場合、電波を大きくすることが必要です。

これは利得の大きいブースターを使えば可能となります。

しかし、せっかく電波を大きくしても出力端子がその負担に耐えられなければ、ブースターの外に全放出することができなかったり、できてもノイズが混ざった状態になったりします。

このため、複数のテレビを使う人はブースターの定格出力を見ることも必要なのです。

 

【自分でアンテナを調整するのが難しい時は】

 

地デジアンテナ調節を自力でやるのは難しいものです。

一度は正しく調整できても、その後も安定した受信ができるとは限りません。

素人ではプロのような高い技術でアンテナを固定することができないため、少しの強風でもアンテナがずれてしまうことも多いのです。

特に設置する場所やアンテナの種類によっては、倒壊などのリスクもあります。

不測の事態を回避するためにも、アンテナの設置や調整はやはりプロに任せるべきです。

業者のホームページを多めにチェックして複数の業者から見積もりを取り、一番信頼できる業者に工事を依頼するようにしましょう。

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837