cs放送を見るために必要な機器とは?

皆さんは普段どんなテレビ番組を見ていますか?

昔からある地上波放送が最も手軽に見られますが、地上デジタル放送への移行をきっかけに地上波以外の放送にも対応したテレビが増え、それに伴ってcs放送にも魅力的な番組が増えてきています。

ただ、cs放送を見たいと思っているけど、どうすれば視聴できるのかわからない人も多いでしょう。

そこで今回の記事では、cs放送の説明とcs放送を見るために必要な機器について解説します。

 

 

【そもそもcs放送って何?】

 

cs放送とは、通信衛星(communications satellites)を利用した衛星放送の一種です。

衛星放送には他にbs放送というものもあり、こちらは放送衛星(broadcasting satellites)を利用した放送です。

衛星放送は地上の施設を利用する地上波放送に比べて、障害物に強いという特徴を持っているので、地上波が届きにくい山間部なども衛星放送なら電波が乱れることなく届きます。

また、災害で地上の電波施設が機能しなくなっても衛星放送なら受信できるため、災害時の情報入手手段としても活躍します。

通信衛星や放送衛星は静止軌道と呼ばれる衛星軌道上にあります。

静止軌道とは、赤道上空約3万6000kmで地球の自転と同じ回転軸・同じ周期で回る軌道のことです。

静止軌道という名前の通り、地球上からだと常に一点にあるように見えるため、アンテナの向きが一定でも電波を受信することができます。

放送衛星は東経110°に、通信衛星は東経110°・124°・128°・144°・154°にありますが、主なcs放送は110°・124°・128°の3つの衛星に集まっています。

cs放送とbs放送の違いはあくまで利用する衛星の種類です。

ですから、衛星放送を見るために必要な機器はcs放送とbs放送で区別されるのではなく、bs放送・110°cs放送・124°cs放送・128°cs放送のように衛星ごとに区別されます。

 

【cs放送のデータを受信するためにアンテナを用意しよう】

 

テレビ放送を受信するにはアンテナが必要ですが、地上波放送と衛星放送ではアンテナの種類が違います。

衛星放送にはパラボラアンテナというアンテナを使用します。

パラボラアンテナとは、放物曲面の反射器によって一点に電波を集めて輻射器で取り込むという構造になっているアンテナのことです。

大きめのお皿のような見た目をしています。

ベランダなどに設置されたパラボラアンテナを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

パラボラアンテナは反射器が正円だと、反射器に対して垂直に入ってきた電波を正円の中心線に集めます。

反射器が楕円形のものは、一定の方向から入ってきた電波を中心線より外側に集めます。

この楕円形の反射器を持つパラボラアンテナが日本で最も普及しているオフセット型と呼ばれるものです。

一方、反射器が正円のパラボラアンテナをセンターフィード型と呼びます。

センターフィード型は反射器に対して垂直に電波が入ってこないと受信できず、上空にある衛星に対して正対させなければいけないのですが、オフセット型は受信できる電波の角度が垂直よりも傾いているので、アンテナの仰角を低くすることができます。

仰角が低いと雨や雪が反射器にたまりにくいため、気候に影響を受けにくいのです。

また、オフセット型はセンターフィード型に比べて角度の誤差の許容範囲が広いという特徴もあります。

しかし、正確に調整できた場合は、同じ大きさであればセンターフィード型のほうが受信感度は良いです。

きちんと角度調整できる方はセンターフィード型を、アンテナに詳しくない方はオフセット型を選びましょう。

パラボラアンテナの形状が決まったら、自分が見たいcs放送を受信できるアンテナを用意します。

先ほども説明したようにcs放送は衛星によって分類が分かれるので、それぞれの衛星に合ったアンテナが必要です。

ただし、bs放送と110°cs放送は一つで受信できるように設計されたアンテナも多いですし、さらに124°cs放送・128°cs放送もまとめて受信できるものもあります。

ちなみに、集合住宅なら共用のアンテナが設置されている場合もあるので、住んでいる建物がcs放送を受信できるのかチェックしてから購入しましょう。

共用のアンテナがあるなら自分でアンテナを設置する必要はありません。

 

【受信したデータを視聴するにはチューナーが必要】

 

cs放送を見るには、アンテナの他にチューナーという機器も欠かせません。

チューナーとは、受信した信号を変換するためのものです。

cs放送に限らず、すべてのテレビ放送は電波に乗せるために一度テレビに表示するのに適していない信号に変換してしまうため、そのままではテレビに映すことができないのです。

各放送に専用のチューナーが必要ですが、アンテナと同様に、110°cs放送・bs放送の両方に対応しているチューナーや、それに加えて124°cs放送・128°cs放送にも対応したチューナーもあります。

見たい放送が多い方はこういったチューナーを選びましょう。

なお、cs放送用のチューナーを内蔵したテレビも発売されているので、持っているテレビがそういったチューナーを内蔵しているものであれば新しくチューナーを用意する必要はありません。

cs放送を見るために必要な機器はアンテナとチューナーの2つです。

ただし、共用のアンテナが設置されていたり、cs放送用のチューナーを内蔵しているテレビを持っていたりする場合は用意しなければいけない機器は減ります。

両方準備したら、あとは見たいチャンネルと契約するだけです。

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837