地デジアンテナで電波障害が起きたら!確認すべき5つのポイントと対処法

美しく鮮やかな映像を家庭に届けてくれる地デジ放送は、私たちの生活にとって欠かせないもののひとつといえます。

ただ、地デジ放送はそのデリケートな性質上、ふとした拍子に不具合が起きてしまうことがあります。

電波障害を改善させるには業者に頼むのもひとつの方法ですが、まずは自分で基本的なチェックポイントを確認し、原因を突き止めることがおすすめです。

ここでは電波障害が起きたら確認すべきチェックポイントを5つご紹介します。

 

 

【どうして?地デジ放送がうまく映らなくなる原因とは】

 

先ほどまではきちんと映像を視聴できていたのに、「いきなり地デジが見られなくなった」というケースは珍しくありません。

地デジ放送がうまく受信できなくなった場合は、さまざまな原因により電波障害が起きていると考えられます。

地デジ放送を視聴するには一定ラインの受信レベルを維持する必要があり、そのレベルを下回ってしまうと電波の受信ができなくなります。

こればデジタル放送特有の仕組みであり、身近なものだと携帯電話でも同じ現象が起こります。

突然電波が悪くなって電話が切れてしまったり、インターネット接続がままならなくなったりした経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

このような電波障害が起きる際には必ず何かしらの原因が存在します。

その主な原因について知識を学んでおくことで、突然電波障害が起きたときにも焦らずに対応しやすくなるでしょう。

【チェックポイント1.接続や機器の状態を確認する】

 

まず確認しておきたいのが、「接続や機器の状態」についてです。

そもそもの原因がテレビや機器の故障であれば、電波状況を確認しても改善は見込めません。

地デジが視聴できなくなったら、まずはテレビが視聴できる状態にあるのかを確認しましょう。

電源のオン・オフが正常に作動するのかという確認や、ケーブルの配線といった基本的な部分を見直しておきます。

テレビや配線などに異常が見つからなければ、次にアンテナの状態を確認しましょう。

機器の接続ができていても、アンテナの方向が悪く電波を受信できないというケースもあります。

アンテナはきちんと放送局の方角を向いているのかを確認しておきましょう。

特に台風により強風や豪雨があった場合は、アンテナの方向があらぬ方向に動いていたり、故障していたりする可能性があるので注意が必要です。

 

【チェックポイント2.周辺環境に変化はないか確認する】

 

電波障害の大きな原因には、「建造物による障害」が挙げられます。

周辺に高さのある建造物ができた場合は、電波が遮断されてしまい、受信レベルが低下してしまう場合があります。

特に放送局の方向と自宅の間に新しい建造物ができた場合は、電波に影響を与えている可能性が高いでしょう。

それから、建造物以外で考慮すべきポイントには水田や湖による影響が挙げられます。

天候によっては水面が電波を反射しやすくなり、地デジ放送に影響を与えてしまうケースがあるのです。

こうした建造物や水面による電波障害は、アンテナの位置を調整することで解決につながる場合が多いでしょう。

 

【チェックポイント3.電波の混信を確認してみる】

 

電波を発信している放送局と自宅の位置が離れている場合は、「電波の混信」が起こりやすい傾向です。

アンテナは複数の放送局からの電波を受信すると、それぞれの電波が重なることで電波障害が起きてしまう場合があります。

特に近隣に新しく放送局ができた場合は、混信の可能性を考えてみましょう。

混信が原因で電波障害が起きている場合は、複数の電波を受信しないように、アンテナの角度や高さを調整することで改善が期待できます。

近隣に複数の放送局がある場合は、1つの放送局の方角にアンテナを向けると電波状況が改善されやすくなります。

 

【チェックポイント4.無線による影響を確認する】

 

電波障害のなかには「無線」が影響を及ぼしている場合があります。

受信設備に特に問題がない場合は、無線による障害を疑うべきかもしれません。

無線による障害は特徴があるので、原因を特定しやすいでしょう。特徴は症状が継続することが少なく、数十秒~数分単位で断続的に起こることが挙げられます。

もしも電波障害が数分おきに起こる場合は、無線が悪影響を与えている可能性が高いでしょう。

自宅で無線機器を使用していない場合は、近隣にアマチュア無線を使用している人物がいるかもしれません。

もしも心当たりがある場合は電波障害の状況を説明したうえで、利用を控えてもらうように交渉してみることが解決への近道です。

 

【チェックポイント5.電波障害はうちだけ?近所の人に電波状況を確認する】

 

電波障害が起きた際には、「近所の人に同じ障害が起きていないか尋ねる」ことも大切です。

近所でも同じような電波障害が起きているのであれば、無線や混信が原因である可能性が高くなります。

電波障害の原因がわからない場合は、解決に向けて管理人や業者に相談をしてみましょう。

マンションやアパートなどに住んでいる場合は、受信設備の不具合を確認するために、まず管理人に相談をすることがおすすめです。

管理人に相談をしても解決しない場合は、業者に依頼することになるでしょう。

一方で近隣にはトラブルが起きておらず、自宅にのみ電波障害が見られる場合は、機器や接続などの原因が判明できていない可能性が高くなります。

チェックポイントを確認しても解決できない場合は、業者に相談をすることが無難です。

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837