テレビ映りが悪い!トラブルが起きたときの対処法とは

テレビの画面にノイズが入ったり、モザイクになってしまったりなどの問題は、放っておいても解決するとは限りません。

アンテナや周辺機器、配線にトラブルが生じた結果、映りが悪くなってしまっている可能性があります。

万が一アンテナの故障や劣化が原因だった場合、自分の力だけで解決するのは難しいです。

なるべく早く専門業者に連絡しなければ、事故につながるおそれもあります。

そこで、テレビの映りが悪くなってしまったときに考えられる原因や、適切な対処法を紹介します。

 

 

【映りが悪いときにはここをチェック!】

 

テレビの映りが悪いのは、アンテナや配線など、さまざまな原因が考えられます。

まずはテレビ周りを確認してみましょう。電源コードが外れていたり、ケーブルが接触不良を起こしていたりする可能性があります。

ケーブルの劣化や断線が見られる場合は、新しいものと交換してください。

また、B-CASカードがきちんと挿入されているか、チャンネル設定がアナログ放送やBS、CSになっていないかもチェックしましょう。

引っ越しをした後や、人から譲ってもらったテレビを使っている場合、住所や郵便番号の設定を更新しないとテレビが映らなくなってしまうことがあります。

かならず現在の住所を入力しなおしてください。

テレビ本体に原因が見当たらなければ、配線を確認しましょう。

テレビ端子とテレビをつなぐケーブルが抜けたり、接続部分が緩んだりしていないかチェックしてください。

特にレコーダーや外付けHDDなど、複数の周辺機器を使用している場合、接続する端子を間違えている可能性も考えられます。

これまでは問題なく受信できていたにも関わらず、周辺機器を追加した途端に映りが悪くなってしまったときには、ブースターをつけることで改善されることもあります。

既にブースターを取りつけているのに映りが悪いという場合は、ブースターそのものが劣化または故障している可能性が高いです。

複数のテレビを設置しているのであれば、分配器の不具合も疑ってください。

屋外に設置されている分配器は、雨水が入りこんで劣化したり、ショートしてしまったりすることがあります。

一度カバーを開けて、分配器の状態を確認してみましょう。

分配機に問題がないのに家中のテレビが見られなくなってしまった場合や、機器や配線に異常が見られない場合は、アンテナに問題が発生している可能性があります。台風や大雪など、悪天候の後はアンテナが傾いたり、向きが変わってしまったりして、テレビの映りが悪くなることが多いです。

指向性の強いアンテナは、ほんの少し角度がずれただけでも電波を受信できなくなってしまうので注意しましょう。

さらに、風に飛ばされたゴミや枯れ葉が障害物となり、電波をキャッチできなくなってしまう場合があります。

アンテナに異物が引っかかっていないか、よく確認してください。

アンテナに異常がなくても、天候の影響で一時的にテレビの映りが悪くなってしまうこともあります。

そのような場合は天気が良くなれば自然と受信状態もよくなるので、回復するのを待ちましょう。

天候が回復した後も映りが悪い、特定のチャンネルだけ受信できないという場合は、テレビ局の電話相談窓口まで問い合わせてください。

 

【アンテナのトラブルは自分で直せる?】

 

アンテナが傾いていたり折れていたりなど、明らかに異常があると分かるときには、まずはアンテナ工事の専門業者に連絡しましょう。

屋根の上など高所に設置している場合は、決して自分で直そうとしないでください。

作業中に屋根から滑り落ちたり、アンテナが脱落したりするおそれがあり、大変危険です。

仮に自分で傾きを直すことができたとしても、適切な位置に修正できなければ、テレビの映りは改善しません。

さらに、アンテナの劣化や損傷が激しいと、傾きを直すだけでは解決しないこともあります。

古いアンテナを撤去し、新しいアンテナに付け替えなければいけません。

交換する必要があるかを見極めるためにも、専門の業者に点検をお願いしましょう。

風が強く吹く海辺の地域や雪が多い地域では、屋外アンテナから室内アンテナへ切り替えることで、受信状態が安定することがあります。

室内アンテナの取りつけ作業は、それほど危険をともなわないため、自分でアンテナを購入して取りつけを試みる人もいます。

ただし、室内アンテナにも価格やスペックなど、さまざまな違いがあります。自分の家と相性の良いアンテナを選ばないと、最悪の場合テレビが映らなくなってしまいます。

室内アンテナの導入を検討している人は、アンテナを買う前に業者に相談することをおすすめします。

電波の受信状態やアンテナレベルを計測したうえで、どんなアンテナを取りつければよいのか、適切なアドバイスを受けられます。

業者に依頼するとコストはかかりますが、なるべく早く確実に問題を解決するには、プロに任せるのが一番です。

自分で対処すると、一時的に改善されたとしても、後に不具合を引き起こすおそれがあります。

不要な手間やトラブルを避けるためにも、映りが悪いと感じたら、なるべく早く専門業者に相談しましょう。

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837