室内アンテナでテレビが見たい!設置する際の注意点とは?

室内アンテナは、大がかりなアンテナ工事ができない家や、屋外アンテナの設置が難しい家でも簡単に設置できます。

コンパクトでデザイン性に優れた室内アンテナも多く、家の外観を損ねたくない人や、集合住宅に住む人からも人気です。

しかし、家の構造や立地によっては、室内アンテナと相性が悪いこともあります。

室内アンテナを便利に使うために、導入する前に知っておきたいメリットやデメリット、設置にあたっての注意点などを紹介します。

 

 

【室内アンテナとは?これまでのアンテナとの違いは】

 

室内アンテナとは家の中に設置できる小型のアンテナです。

平型アンテナやデザインアンテナと呼ばれることもあります。薄型でコンパクトなので、屋根裏など限られたスペースでも設置できます。

屋根やベランダに設置するタイプのアンテナのように大規模な工事が必要ないので、アンテナ本体さえ手に入れば、自分で取りつけることも可能です。

室内アンテナは家電量販店やネット通販を利用すれば簡単に手に入ります。

価格は数千円から数万円まで、アンテナのスペックにより異なりますが、手頃な価格で手に入るものも多いです。

ただし、室内アンテナで受信できるのは地上デジタル放送のみです。

衛星放送を見るには、従来通り屋外型のアンテナが必要なので注意しましょう。

 

【室内アンテナにはどんなメリットがあるの?】

 

室内アンテナには価格の安さや取りつけやすさのほかにも、さまざまなメリットがあります。

まず、室内アンテナは家の中の目立たない場所に設置できるため、家屋の外観はもちろん、インテリアを損ねることはありません。

さらに、室内アンテナなら集合住宅でも簡単に設置できます。

たとえばマンションやアパートに引っ越した際、テレビが映らなかったり受信状態が悪かったりしても、勝手にアンテナの取りつけ工事を行うことはできません。

建物の持ち主や管理会社に連絡し、許可を得る必要があります。

しかし、室内アンテナは管理会社やアンテナ工事の業者に連絡する必要もなく、個人で取りつけが可能です。

工事を依頼する費用もかからず、コストをおさえられます。

また、室内アンテナも室外アンテナも、定期的なメンテナンスや交換が必要な点は変わりません。

ただし、室外アンテナと違って風雨にさらされることはなく、劣化や破損のリスクは最小限までおさえられます。

したがって、頻繁にメンテナンスをしたり、新しいアンテナに付け替えたりする必要はありません。

屋根やベランダなどの高所で作業するわけでないので、簡単なメンテナンスなら業者に頼まず、自分でしても問題はないでしょう。

賃貸マンションやアパートはもちろん、アンテナがいたみやすい海辺の地域や豪雪地帯でも、室内アンテナを利用するメリットは大きいです。

 

【要注意!実はこんなデメリットも】

 

室内アンテナは便利ですが、建物の立地や構造によっては相性が悪いというデメリットもあります。

屋外アンテナよりも受信できる電波が弱いため、もともと受信感度の良いエリアでなければ、設置後もテレビが映らない場合があります。

特にビルの間など、周りに高い建物が多いと、電波が届きにくくなってしまいます。

また、屋根や壁の材質によっては電波を遮断してしまうこともあるため、必要に応じてベランダや窓辺に取りつけるなどの工夫が必要です。

ただし、電波の受信状態を個人でチェックするのは難しく、実際に室内アンテナを設置してみるまで、映るかわからないこともあります。

結局、アンテナだけでなくブースターも設置しなければテレビが映らないという事態も考えられます。

室内アンテナを設置するのであれば、予想外のコストがかかってしまう可能性も考慮しておいてください。

 

【設置をするならここに気をつけて!】

 

室内アンテナの導入を決めたら、設置する前にいくつかチェックしておきたいポイントがあります。

まず、アンテナを設置したい場所の近くに、テレビ以外の家電製品がないか確認しましょう。

アンテナの近くで家電製品を使うと、電波が入りにくくなってしまう場合があるので、なるべく離れた位置に設置してください。

また、家電製品以外にも、アンテナの周りに物を置きすぎないよう注意してください。

特に屋根裏などの狭いスペースに置く場合は、あらかじめ荷物を運び出し、スペースを確保しておきましょう。

ちなみに室内アンテナでは、太陽光パネルを設置するとテレビが映らなくなってしまいます。

既に太陽光パネルを設置している家だけでなく、将来的に太陽光パネルの導入を検討している場合も、室外アンテナの設置をおすすめします。

また、断熱材を使用している家や鉄筋コンクリートの建物は電波を遮断しやすく、室内アンテナでは受信できないことも多いです。

あまりに電波が弱いと、ブースターを取りつけてもテレビが映らない場合があります。

心配な人は専門業者に相談して、電波の受信レベルをチェックしてもらいましょう。

室内アンテナは設置が簡単なうえ、比較的安価で手に入りますが、テレビが映らなければ意味がありません。

不要な出費をおさえるためにも、慎重に準備をしてください。

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837