地デジをケーブルテレビで見ている人!もしかしたら損しているかも?

自宅で気軽に楽しめる娯楽として普及しているテレビは、アンテナとケーブルの主に2つの方法で視聴することが可能です。

アンテナテレビは何となくどのようなものかわかっていたとしても、ケーブルテレビとは何かということはうまく説明できない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ケーブルテレビとはどのようなものか、ケーブルテレビを導入するメリットやデメリットはあるのかなど、ケーブルテレビについて詳しく解説していきます。

 

 

【アンテナテレビとケーブルテレビについておさらい】

 

アンテナテレビは昔から一般的に使用されている方法で、アンテナを屋根などに設置して電波を受信します。

現在はデジタル放送となったため、地デジを受信しています。

しかし、アンテナから受信するためには周囲に高い建物などの遮蔽物がないことが大原則で、もしも電波の受信を阻害するようなものが近くにあれば、アンテナテレビがきれいに映らない恐れがあります。

この問題を解決するのがケーブルテレビです。

ケーブルテレビはいろいろな放送局の電波を1カ所で受信し、加入している人に有線で配信する方法を取っています。

加入者の建物に直接ケーブルを引くため、安定した電波を受信できるようになります。

ケーブルテレビはこのような特徴から、比較的建物が密集している都会で使われる機会が多い方法となっています。

ケーブルテレビでは地デジ番組のほか、BSやCS放送の番組も見ることができます。

また、ケーブルテレビはインターネットや電話などのサービスと一体となったものも多く、テレビ・インターネット・電話あるいは携帯電話を同じプロバイダでまとめたい人にも利便性が高いものとなっています。

ただし、主に地デジの番組を見たい人で電波を安定して受信できる環境にある場合は、とりわけケーブルテレビを導入する必要はないでしょう。

アンテナテレビを選ぶかケーブルテレビにするかは、お住いのエリアやどのようなテレビ番組を見たいのかによって選択することができます。

 

【アンテナとケーブルテレビってどこが違うの?】

 

アンテナテレビのメリットは、初期費用がかかるものの、その後はNHK以外毎月テレビを見るための料金を支払わなくて済む点です。

アンテナテレビは安価にテレビ番組が楽しめるのでとても経済的です。

また、アナログ放送時代にVHFアンテナを使っていた場合は、UHFアンテナを追加したり全帯域型アンテナへと交換したりすることで簡単に地デジを楽しめる点もメリットといえるでしょう。

アンテナレビのデメリットとしては、アンテナの受信状況が周囲の環境に左右されやすいという点です。

家の周りに高層ビルなどがなくても、台風などで天候が荒れたときには受信強度が低くなる恐れがあります。

また、何らかの理由でアンテナの角度や位置が変わった場合、受信自体が困難になる可能性も否定できません。

一方のケーブルテレビは、天候などの環境に左右されず、比較的安定したテレビ視聴が楽しめるのがメリットのひとつです。

ケーブルテレビに加入するとお住まいのエリアでは放送されない地デジの番組や、海外からの番組などの視聴が可能となるのも魅力的です。

逆にケーブルテレビのデメリットは、月額制で毎月支払いが発生することです。

一戸建ての場合は初期費用もかかりますが、集合住宅では多くの場合建物ごとケーブルテレビに加入している可能性が高いため、新たに費用をかけてケーブルを引くことはあまりないでしょう。

 

【ケーブルテレビの注意点!無駄な費用を払っていることも】

 

インターネットや電話とプロバイダを同じくできたり、安定した電波を受信できたりと、さまざまな魅力があるケーブルテレビですが、注意しておかなければならないこともあります。

それは、本来なら支払わなくても良い費用が発生する可能性があるということです。

インターネットとセットになっているケーブルテレビでは、多くの場合契約が2年ごととなっています。

そのため、引越しなどのタイミングによっては契約の途中で解約しなければならず、違約金を取られてしまいます。

新たにお得なサービスが誕生しそれに乗り換えたいと思っても、やはり違約金の壁が邪魔をして乗り換えが難しくなるでしょう。

ケーブルテレビではインターネットや電話、携帯電話もセットになっているものが多いことから、ひとつでも乗り換えようとすると契約全てを解約しなければならないこともあるので注意しましょう。

また、インターネット回線を変更する場合は、新たに切り替え工事を行う必要があり、さらに費用がかかります。

有料コンテンツを解約した後でも他のサービスを利用しているため、本来なら払わなくても良い基本料金を払い続けてしまうケースも散見されます。

ケーブルテレビは一見サービスが豊富で便利に見えますが、乗り換えがしづらいという難点があることを留意しておく必要があります。

一方のアンテナテレビには抱き合せのサービスがないものの、ほとんどが初期費用のみなのでお得です。

アンテナかケーブルかは双方のメリットとデメリットをよく理解した上で決めるようにしましょう。

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837