実は種類が豊富!さまざまなテレビアンテナをご紹介

テレビアンテナというと、多くの人が思い浮かべるのは屋根の上についた魚の骨のようなアンテナでしょう。

あれは八木式アンテナといい、テレビアンテナの中の一種でしかありません。

実際には、八木式アンテナ以外にもさまざまな形状のアンテナがあるのです。

目的や環境に合わせて最も適したアンテナを選べば、より充実したテレビライフを送ることができるでしょう。

そこで今回はバラエティ豊かなテレビアンテナについて詳しく解説します。

 

 

【アンテナにはさまざまな形状のものがある!】

 

一言でテレビアンテナといっても、さまざまな種類のものがあります。
最も広く普及している形状のアンテナが、八木式アンテナです。

八木式アンテナの魚の骨のような部分は「素子」といい、この部分で受け取る電波の調節を行います。

八木式アンテナの特徴は向きを指定できることと、素子の本数を調節できるということです。

そうすることで遠距離からの受信も可能な仕組みになっています。
衛星放送用のアンテナとしてお皿型のものを見たことがあるという人も多いでしょう。

そういった形状のアンテナはパラボラアンテナやディッシュアンテナと呼ばれています。

家庭用のパラボラアンテナはもちろんのこと、通信衛星との送受信を行うための超巨大パラボラアンテナをテレビなどで目にすることもあるのではないでしょうか。
八木式アンテナと同じくテレビ放送の受信のためのアンテナとして、ボックスアンテナがあります。

このボックスアンテナは設置やメンテナンスが簡単なこと、設置しても建物の景観を損ねないことが大きなメリットです。
アマチュア無線に興味がある人は、ダイポールアンテナを自作したことがあるという人も多いでしょう。

ダイポールアンテナは直訳すると「2極のアンテナ」という意味です。

アンテナの中でも最も構造がシンプルなアンテナとして知られています。
車に搭載されるアンテナとして多く目にするのがモービルホイップアンテナです。

棒状のため指向性がなく、設置場所や方角を気にせず設置できるのが特徴です。

ただしその分、どうしてもノイズを拾いやすくなってしまいます。

 

【アンテナは設置場所にあわせて選ぼう!】

 

アンテナ選びの際には設置場所についてよく考えておく必要があります。

というのは、アンテナは形状だけでなく、構造や素材によってもさまざまな種類があるからです。

それぞれ機能が異なりますので、設置する場所によってどれが適しているかは変わってきます。

また設置場所を決める際には、まず自宅の電界強度がどれくらいなのかを調べておくことが大切です。

もしも電波の受信状況が悪い場合には、感度の高いアンテナを選ぶ必要があります。

ボックス型アンテナや低価格で性能の悪いアンテナではテレビ映りが悪くなってしまうかもしれません。
たとえば一軒家で屋外に設置するのなら、風雨といった天候にも耐えられる強度であったり、見栄えのよさであったりが選ぶ際の重要なポイントとなるでしょう。

おすすめなのは亜鉛メッキ仕様のアンテナです。

表面に亜鉛メッキをしたアンテナであれば、普通のアンテナよりもサビにくいためより長期間使用することができます。

そのほか耐久性をアップさせるには、アンテナの取り付け金具であるクロスマウントをスチール製ではなくステンレス製のものにするといった方法もあります。

それらに加えてアンテナケーブルをネジ式にすると、接触不良が起きにくくなるのでより快適にテレビを視聴できるでしょう。
集合住宅で個別にアンテナを設置する必要がある場合には、多くの場合ベランダが設置場所となるでしょう。

そのような場合に便利なのが壁面専用のアンテナです。壁面専用アンテナは小型で軽量なのが特徴ですので、マンションのベランダのような限られたスペースに設置するのに適しています。

壁面専用アンテナを設置する際、気をつけるべきポイントは通電です。

BS・CSアンテナや電源分離型のブースターは通電が必要になるので、そのことも考慮した上で設置場所を考えましょう。

 

【こんなアンテナもある!バラエティ豊かなアンテナたち!】

 

電波の受信環境が悪ければおのずと使用できるアンテナは限られてしまいますが、十分に満たされている場合にはさまざまな種類のアンテナの中から選ぶことができます。
たとえば、アンテナ本体ではなく設置方法が特殊なものとして屋根裏設置型アンテナがあります。

このアンテナは屋内に設置するため劣化しにくく、屋根での設置工事をする必要がないことが大きなメリットです。

また受信トラブルが起きた際にも自分で調整しやすいでしょう。

ただし屋根裏はアンテナのためのスペースを確保するのが難しいですし、屋根にさえぎられてしまうため電波の受信レベルが下がってしまうというデメリットもあります。

設置する際には屋内であっても充分電波が届く環境なのかどうかをあらかじめ確認しておくことが大切です。
マンションのベランダにも設置しやすい壁面用アンテナも近年注目を集めているテレビアンテナです。

壁面用アンテナと同一視されやすいアンテナとしてデザインアンテナがあり、どちらのアンテナもデザイン性が高いので設置しても美観を損ねないのがうれしいポイントといえるでしょう。

特にデザインアンテナの場合はカラーバリエーションが豊富だったりデザインが奇抜なものも多くあります。

アンテナ交換の際にはどんな種類のものがあるのかいろいろ調べてみるのも楽しいでしょう。

デメリットとしては、どちらのアンテナも低い位置に設置することになるため受信感度が低下しやすいことが挙げられます。

とはいうものの性能は少しずつ改善されているので、新商品であればあるほどそういったリスクは抑えられるでしょう。

 

 

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837