テレビの画面が乱れる!ブロックノイズはどう対応すればいいの?

テレビを視聴中に突然現れる四角いモザイクがかったノイズのことをブロックノイズといい、電波の受信に不具合がある場合に発生します。

このような現象が頻繁に起こるとテレビを視聴するにおいて大きなストレスになるでしょう。

そんな場合には、何らかの対処法をとる必要がありますが、必ずしも専門知識がなければならないというわけではありません。

そこで今回はブロックノイズが起こらないようにするためにできる3つの対処法について詳しく解説します。

 

 

【ブロックノイズはどうして起こる?】

 

まず、そもそもブロックノイズがなぜ起こるのか、その原因について把握しておくことが大切です。

そうして原因を把握しておけば、修理を依頼しなくても問題を解決することができるかもしれません。
まず最も多いケースは電波不足です。

ブロックノイズは接続している電波の受信レベルが低い場合に発生します。電波不足が原因であるかどうかを見極めるポイントは、全チャンネルに影響が出ているかどうかです。

電波不足が原因の場合には音声や解像度にもなんらかの不具合が発生しますので、それらを確認することも大切です。

電波不足の原因としては受信レベルの低下のほかに同軸ケーブルの接続部分に異常がある場合も挙げられます。

そういった部分もチェックしましょう。
もしも全チャンネルではなく特定のチャンネルにだけブロックノイズが発生するという場合には、配線がしっかりつながっているか、接続が適切に行われているかを確認しましょう。

特定のチャンネルにだけブロックノイズが発生する場合の原因の多くがケーブルの接触不良だからです。
そのほかに考えられる原因としては、分配器やブースターの不具合や、受信用カードがしっかり挿入されていなかったというケースがあります。

ブロックノイズの原因にはさまざまなものがありますので、どこに問題があるのかを冷静に判断することが重要なポイントです。

 

【対策法その1卓上ブースターで電波を増幅!】

 

もしも電波不足が原因の場合には、電波を増幅する卓上ブースターを使用することで解決できます。

まず電波の確認方法ですが、テレビのリモコンからメニューを選択し、本体設定からアンテナ設定のボタンを押すことで確認できます。

ただし、テレビのメーカーによって具体的な方法は異なりますので、取扱説明書を参照するのがおすすめです。

また、そうしてできるのはあくまでも簡易的な確認でしかありませんので、実際にはアンテナレベルに問題がないと表示されているにもかかわらず電波不足になっている場合もあります。

心配な人は専門業者に調査を依頼しましょう。
ブースターを設置するにあたって気をつけるべきポイントは、ブースターには屋外用のものと屋内用のものがあるということです。

またテレビのタイプによって使用できるブースターが異なるので、自由に好きなものを選べばよいというわけではありません。

屋内用のブースターは手軽に設置できる反面、ブロックノイズ改善にはあまり効果を示さない場合があります。

一方で屋外用ブースターの設置は自分ではできませんので、業者に依頼する必要があります。

まずはどのようなブースターを設置するべきか、アンテナ工事に詳しい専門業者に相談してみるのがおすすめです。

 

【対策法その2アンテナケーブルがしっかり接続できているかどうか確認!】

 

電波の受信レベルに問題がない場合は、アンテナケーブルの接続不良が問題かもしれません。

テレビとケーブルがしっかり接続されているかどうかを確認してみましょう。

アンテナケーブルは主にテレビの裏側に接続されていますので、テレビ裏側の配線から壁面のテレビ端子間をしっかりチェックしましょう。

また、ケーブルの先端にあるワンタッチプラグやf型コネクタのようなプラグが緩んでいることが接続不良につながっているかもしれません、その場合にはケーブルの交換が必要になるでしょう。
アンテナケーブルの形状はストレート、L字型、ネジ型などさまざまなものがあります。

ケーブルは接続部の真ん中に芯線が通る構造となっていますので、芯線がしっかり接続できていないと接続不良となってしまいます。

ケーブルが無理に曲がっていないか、場所に合っているかといったことをよく調査しましょう。

ただし実際には、ケーブルのタイプや違いについてよく理解していないと根本的な解決に至りません。

ケーブルについて自分で判断できない場合には、専門業者に依頼した方がよいでしょう。

 

【対策法その3アンテナそのものを調査!】

 

電波不足やケーブルの接続不良が問題ではないとするならば、アンテナそのものの故障が考えられます。

アンテナの方向を変えるか、あるいはアンテナそのものを交換しなければならないかもしれません。
できればアンテナを自分で調査したいという人も多いかもしれませんが、とりわけ屋上にアンテナを設置している場合にはおすすめできません。

その理由にはさまざまありますが、なによりもアンテナはそもそも電波を受信するのに最も適した方向に向けて設置されている、ということが大きな理由です。

自分でアンテナをいじることでアンテナの向きを変えてしまうと、改善どころか事態をより悪化させてしまうことにもなりかねません。

また、アンテナの修理には専門の知識や技術が必要となります。そして実際の作業には複雑な工程が伴います。

屋根の上のような高所で素人が行うのは大変危険です。

アンテナそのものの修理は自分では行わず、知識と経験が豊富な専門業者に依頼するようにしましょう。

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837