室内アンテナは本当に便利!?知っておきたいメリットとデメリット

アンテナは屋根やベランダなど、屋外に取りつけるタイプのものだけではありません。

屋根裏など室内に設置するタイプのアンテナも存在します。大規模な工事をしなくても簡単に取りつけられることから人気を集めている室内アンテナですが、どんな家にも取りつけられるとは限りません。

特徴をしっかりと把握しておかないと、肝心のテレビが見られないという事態になりかねません。

そこで、室内アンテナのメリットやデメリット、使用にあたっての注意点を紹介します。

 

 

【室内アンテナって?普通のアンテナとの違いとは】

 

室内アンテナとは名前の通り、家の中に設置するタイプのアンテナです。

平面アンテナ、デザインアンテナと呼ばれることもあります。

屋根の上など屋外に設置するアンテナよりも小型で、屋根裏などの限られたスペースにも設置できるのが特徴です。

室内アンテナは電器店や家電量販店、ネット通販などから購入できます。価格は数千円~数万円までさまざまです。

また、デザインが豊富で、壁紙の色やインテリアに合わせて選ぶことができます。取りつけの際も、屋外型のアンテナのように大がかりな工事は必要ありません。

あえて業者には頼まず、購入したアンテナを自分で取りつける人も多いです。

新築の家はもちろん、地デジ環境の整っていないアパートやマンションにも簡単に設置できます。

もしも引っ越し先でテレビが映らなかったり、受信状態が悪かったりした場合は、室内アンテナを導入することでテレビが見られるようになる場合があります。

 

【室内アンテナにはこんなメリットが!】

 

室内アンテナのメリットは、コンパクトで安価なだけではありません。

屋外アンテナよりも目立ちにくいため、家屋の外観を損ねることなく、屋根やベランダをすっきりと見せることができます。

フラットアンテナと呼ばれる薄型のアンテナや小型のアンテナを選べば、インテリアにもなじみます。

さらに、屋外アンテナは強風や大雪の影響で傾いたり、落下したりする危険があります。

しかし、屋外アンテナは風雨にさらされることもなく、劣化のリスクを最小限におさえることができます。

特に海辺の地域や豪雪地帯など、アンテナが劣化しやすい環境では、屋内アンテナを設置するメリットは大きいです。

万が一劣化や故障があった場合も、室内アンテナなら簡単なメンテナンスや取りつけ、取りかえも自分でできます。

なるべく業者に頼まずアンテナを設置したいという人や、集合住宅に住んでいるためアンテナの取りつけ工事ができないという人が室内アンテナを選ぶ場合も多いです。

 

【家屋との相性が大事!室内アンテナのデメリット】

室内アンテナは確かに便利ですが、デメリットも存在します。

基本的に室内アンテナは屋外アンテナよりも電波の感度が弱く、一部の番組が映らなかったり、ノイズが入ってしまったりなどのトラブルが起きる可能性があります。

屋根や壁の素材によっては、電波を遮ってしまうこともあるので、アンテナを設置する場所は慎重に選んでください。

どうしても電波の受信状態が安定しない場合は、ブースターという電波を増幅する装置を取りつける必要があります。

工事費用をおさえるために室内アンテナを選んだはずが、ブースターを購入することで予想外のコストがかかってしまったという結果にもなりかねないので注意しましょう。

さらに、太陽光パネルを設置している建物では、室内アンテナは使えません。

将来的に太陽光パネルの導入を検討しているのであれば、最初から屋外アンテナを設置したほうが無難です。

また、室内に設置できるのは地上デジタル放送用のアンテナのみです。衛星放送を受信するためのアンテナは屋外に設置する必要があります。

 

【室内アンテナを設置するときの注意点とは?】

 

室内アンテナを購入する前に、まずは電波の受信状態を確かめる必要があります。

しかし、自力で受信電波の強さを測定するのは困難です。まずは専門業者に相談して、室内アンテナをとりつけられる環境か否かをチェックしてもらうと良いでしょう。

無料で見積もりをしてくれる業者もあるので、相談したら必ず工事を依頼しなければならないと決まっているわけではありません。

室内アンテナを設置できることがわかったら、次に取りつける場所を選びましょう。

屋根裏や窓際は比較的電波を受信しやすい環境ですが、窓や屋根の材質によっては電波を遮断してしまう可能性があるので注意が必要です。

また、屋根裏を物置として使用している場合、荷物が障害となって電波が受信できなくなってしまうことがあります。

アンテナを設置する前に荷物を別室に運ぶなどして、スペースを確保しておきましょう。

また、雨漏りや結露でアンテナが濡れると、故障の原因になってしまいます。屋根を修理したり、アンテナにカバーを取りつけたりなどの対策も忘れずに行ってください。

アンテナを設置した後も、劣化を防ぐために定期的にメンテナンスを行いましょう。

ほこりが積もったり、虫が入りこんだりすると電波の受信状態が悪くなる場合があります。

テレビを快適に視聴するためにも、室内アンテナとその周辺は常に清潔に保ってください。

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837