スカパーアンテナの種類による違いは?観られる番組は変わる?

スカパーは多様な視聴スタイルを選べることで人気の衛生放送サービスです。

日本人の嗜好の多様化に伴い、テレビ視聴者でも、スカパーに興味を持つ人が増えています。

しかし、スカパーをこれから観ようとする場合、「アンテナの種類や設置をどうすればいいか」が気になるかもしれません。

スカパーをすでに観ている人でも新居への引っ越しにともない、新しく設置や設定をする必要が出てくる場合もあります。

これらの疑問を解消するために、ここでは、スカパーの概要や必要なアンテナと機材の種類などについて解説していきます。

 

 

【スカパーとは?どんな番組を提供している?】

 

スカパーは衛星放送を提供するサービスです。正式名称は「スカパー!」で、スカパーJSAT株式会社が運営しています。

チャンネル数は2017年12月時点で69、プレミアムサービスに加入すると258という膨大な数のチャンネルを視聴可能です。

4K放送のチャンネルも通常で35、プレミアムサービスなら158と、高画質の映像でも多くのチャンネルを楽しめる点が特徴といえます。
1つのチャンネルだけ契約することも可能で、その場合は2017年12月時点で月額401円からとなっています。

特定のジャンルで複数のチャンネルを観たい人にはジャンルセットというコースが人気です。

たとえばプロ野球セットなら月額3,980円、スカパー!サッカーセットなら月額2,980円という料金設定になっています。

ジャンルに関係なく好きなチャンネルを5つ選べる「スカパー!セレクト5」や、初めてスカパーを利用する人向けの「スカパー!新基本パック」なども人気です。

 

【スカパーのアンテナの種類はどこで調べればいい?】

 

2017年12月の時点ではスカパーを視聴できるアンテナの種類は4通りです。

「BS専用アンテナ」「110度CS対応BSアンテナ」「BS対応スカパー!アンテナ」「4K・8K対応スカパー!マルチアンテナ」のいずれかになります。

BS専用アンテナについては除外されることもあります。なぜなら、BS専用アンテナで観られるスカパーの番組は、スカパーに加入しなくても観られるものだからです。

たとえば、NHK2ch、BS日テレ、BS朝日などの主要なBSチャンネルなどが該当します。これらの番組しか観ないなら、あえてスカパーに加入する意味はありません。

そのため、BS専用アンテナもスカパーの一部を視聴できるアンテナではありますが、スカパー対応アンテナから除外されることもよくあります。

 

【スカパーのアンテナの種類を知ると何がわかる?】

 

スカパーのアンテナの種類を知ると、自分が観たいチャンネルに合ったアンテナを選ぶことができます。

スカパーはアンテナの種類によって観られるチャンネル数や画質が変わるからです。

たとえば、スカパーを初めて観る人なら「110度CS対応BSアンテナ」がいいでしょう。

主要BSチャンネルに加えてスカパーが提供するCSチャンネルが観られるようになります。チャンネル数は約70です。

(※5)「BS対応スカパー!アンテナ」は、スカパーのプレミアムサービスも視聴できるようになります。

チャンネル数は158で、110度CS対応BSアンテナの2倍以上です。

アンテナだけでなくプレミアムサービス対応チューナーも必要になります。

最初のチューナーレンタルの手続きだけ手間がかかりますが、スカパーで多数のチャンネルを楽しみたい人はこのアンテナを導入するのがいいでしょう
「4K・8K対応スカパー!マルチアンテナ」は、スカパー愛好者が導入すべき最上級のアンテナです。

プレミアムサービスのチャンネルがすべて視聴できることはもちろん、4Kの高画質チャンネルも視聴できます。

8K放送は日本ではまだ一般的ではありませんが、8K映像にも対応できるようになっています。

 

【自分に向いているスカパーアンテナの種類を把握しよう】

 

スカパーを視聴するなら、自分の視聴スタイルに合わせたアンテナ選びが重要になります。

スカパーは1チャンネルだけを月額401円で視聴することも可能です。

しかし、この場合、多数のチャンネルを観るアンテナは必要ありません。

110度CS対応BSアンテナだったら通常のスカパーの約70チャンネルが観られます。

70チャンネルの中に好きなものがあれば、これより上のアンテナを買ったり設置したりする必要はないのです。

逆に、70チャンネルの中に好みのものがなければ、158チャンネルを視聴できるBS対応スカパー!アンテナを設置する必要があります。

「好きな番組が観られれば画質は特にこだわらない」という場合は、これ以上のアンテナは不要です。

最上位の4K・8K対応スカパー!マルチアンテナは状況に応じて設置を検討することが賢明です。

逆に、4Kや8Kの高画質映像を楽しみたいなら、4K・8K対応スカパー!マルチアンテナを設置するべきでしょう。

視聴スタイルを自由に選べるのはスカパーの最大のメリットの1つです。

しかし、視聴スタイルが自由なだけに、アンテナの種類を把握していないとムダな買い物や工事をしてしまうことがあります。

スカパーのメリットをムダなく最大限に享受するためにも、アンテナの種類を正しく理解して契約しましょう。

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837