4kテレビは専用の配線やアンテナがないとみられない!?

4k・8k放送の実用化にともない、一般家庭にも4kテレビが普及してきました。

多くのメーカーから、規格や価格もさまざまな4kテレビが販売されています。

しかし、4kテレビを設置するだけでは、4k放送は受信できません。

新築はもちろん、すでに、アンテナを設置している家庭でも、新たに4k放送に対応したアンテナを設置する必要があります。

そこで、4k放送を視聴するために必要な設備や、周辺機器について説明します。

 

 

【4kテレビってどんなテレビ?】

 

4kテレビとはわかりやすく説明すると「フルハイビジョンテレビの4倍高精細なテレビ」です。

4kテレビの4kとは、画素数をあらわしています。画素とは画像を構成する色の粒で、画素の数が多ければ多いほど、なめらかできめ細やかな映像を映し出すことができます。

これまでのフルハイビジョンテレビの画素数は約200万画素でした。

しかし、4kテレビの画素数は約800万画素と、フルハイビジョンテレビのおよそ4倍です。

さらに、従来のフルハイビジョンテレビは、大画面になるほど映像が粗くなるという欠点がありました。

4kテレビなら大型テレビでも画面の粗さが目立ちにくく、映画館のような臨場感ある映像を楽しむことが可能です。

しかも、4kテレビは、地上デジタル放送やDVD、ブルーレイなどの4kに対応していない映像も、4kに変換する機能があります。

4k対応コンテンツだけでなく、テレビ番組や映画も高画質で視聴したい人や、40型以上の大型テレビを購入したい人には、4kテレビがおすすめです。

 

【4kテレビを見るには何が必要?】

 

4kテレビも普通のテレビと同じように、購入した直後から地上デジタル放送を視聴できます。

ただし、4k放送を見るには、専用のアンテナとチューナーが必要です。

アンテナとチューナーはテレビに付属しているものではないので、別途で購入しなければいけません。

チューナーは本体につなぐだけなので、自力で設置するのはさほど難しいことではありません。

しかし、BSやCSなどの衛星放送を受信するためのアンテナは、自宅の位置や構造によって取り付けが困難な場合があります。

工事が必要なこともあるので、専門の業者に相談したほうが安心です。

また、オンデマンド系サービスにも4kに対応しているコンテンツがあります。

オンデマンド系サービスならアンテナを設置しなくても、インターネットに接続できれば視聴が可能です。

ただし、専用の受信機が必要な場合があります。受信機には据え置き型のものや、テレビ本体のUSB端子やHDMI入力端子に接続するものなど、さまざまなタイプがあります。

4k放送を視聴するために4kテレビを購入するのであれば、必要な周辺機器や自宅のインターネット環境について、よく調べておきましょう。

 

【どうして4k対応アンテナが必要なの?】

 

マンションなどの集合住宅には、共用のBSアンテナが設置されていることもあります。

ただし、従来のBSアンテナや110度CSアンテナでは、4k放送を受信できません。

4k放送は高画質なぶん情報量も多く、従来のBS・CS放送よりも高い周波数を必要とします。

これまでのアンテナで受信できる周波数は、BSアンテナが1,032~1,489MHz、110度CSアンテナが1,595~2,071MHzでした。

しかし、4k放送を受信するためには2,224~3,224MHzの周波数が受信できるアンテナが必要です。

そのため、すでにアンテナを備えている住宅でも、4k対応アンテナへの交換が必要になります。

さらに、ブースターや分配器の交換が必要な場合もあるので、工事の内容や費用が気になる人は、専門業者に問い合わせてみてください。

ちなみに、4k対応アンテナは4k放送しか受信できないわけではありません。

BS・CS放送にも対応した共用アンテナもあります。

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837