4Kテレビと普通のテレビの違いとは?どんなメリットがあるの?

これまでのフルハイビジョンテレビよりも、より高精細な映像が楽しめるとして、4Kテレビが注目を集めています。

多くのブランドから最新の機能を備えた4Kテレビが発表されていますが、4Kテレビとフルハイビジョンテレビの違いを知らない人も多いのが実情です。

画質以外にも、4Kテレビには従来のテレビにはない、さまざまな特徴があります。

そこで、今回は4Kテレビのメリットやデメリット、4Kテレビで4K放送を視聴する方法について紹介します。

 

 

【4Kテレビは普通のテレビと何が違う?】

 

4Kテレビの4Kとは、画素数をあらわしています。簡単に説明すると、普通のフルハイビジョンテレビの4倍、画像がきれいなテレビということです。

そもそも画素とは、映像を構成する色の「点」です。画素の数は画質の良さに直結します。

画素数が多いと、ひとつひとつの「点」は小さくなるので、複雑な色合いの画像もなめらかに映し出すことができます。

逆に、画素数が少ないと「点」は大きくなるので、粗く単調な印象の画像になってしまうのです。

一般的なフルハイビジョンテレビの画素数は、横に1,920画素、縦に1,080画素の約200万画素です。

一方、4Kテレビは縦3,840画素、横2,160画素の約800万画素と、フルハイビジョンテレビの約2倍です。

そのため、フルハイビジョンテレビは4Kテレビと比較して、2Kテレビと呼ばれることもあります。

大型のテレビほど画素も大きくなるので、4Kテレビと2Kテレビの画像の違いが鮮明にわかります。

 

【メリットもあればデメリットも!】

 

4Kテレビの最大のメリットは、高精細の映像が楽しめる点です。

画面が大きくなっても画像の粗さが目立たず、迫力のある影像を映し出すことができます。

そのため、4Kテレビは大画面で映画や動画を楽しみたいという人から特に人気です。

さらに、4Kテレビはブルーレイディスクや地デジなど、4Kに満たないハイビジョン影像も、4K影像へ自動的に変換してくれます。

ただし、変換後の映像の見え方は、テレビのメーカーやブランドごとに異なります。

4Kテレビの購入を検討している人は、実際のテレビの画面を見て、比較しながら選ぶことをおすすめします。

ただし、4Kテレビにもデメリットはあります。もっともわかりやすいデメリットは、フルハイビジョンテレビよりも値段が高いという点です。

さらに、ブルーレイもテレビ番組も4Kに対応したコンテンツは少なく、4Kテレビの性能を存分に生かせる機会は少ないといえます。

実際に、フルハイビジョンから4Kに切り替えたけれど、違いがよくわからないという人も多い傾向です。

また、今後4K放送のテレビ番組が増えたとしても、専用のチューナーを購入しなければ、4K放送は視聴できません。

 

【4Kテレビにアンテナは必要?】

 

4Kテレビで地上波放送を見るだけなら、購入後にコードをつなぐだけですぐに視聴できます。

しかし、4K配信コンテンツを視聴するには、専用のチューナーとアンテナが必要です。

衛星放送だけでなく、オンデマンド系サービスを視聴する場合は、さらに専用の受信機が必要になることもあります。

4Kテレビの購入と同時に、衛星放送の契約を検討している人は、テレビだけでなくチューナーやアンテナを設置する場所も確保しておきましょう。

ちなみに、アンテナにもいくつかの種類があります。

従来型のBSアンテナやCSデジタルアンテナ、BSとCS共用型のアンテナなら、1度くらいのずれがあっても問題なく受信できます。

しかし、スカパープレミアムやBS、CS、4K・8K放送をすべて受信するマルチアンテナは、ほんの少しずれただけでも視聴できなくなってしまう可能性があります。

そのため、アンテナの設置場所は慎重に選んでください。また、集合住宅には共同のBSアンテナが設置されていることもあるでしょう。

しかし、4K放送は情報量が多く、従来のアンテナでは受信しきれない可能性もあります。

その場合、4K放送に対応できるアンテナを別途設置する必要が生じます。

アンテナを設置したりチューナーを購入したりするのは、手間も費用もかかります。

余計な出費を極力おさえるためには、インターネットで4Kテレビや4K放送について検索したり、専門業者に相談したりして、常に最新の情報を把握しておきましょう。

 

【4Kテレビで映像をもっと楽しもう!】

 

4Kテレビもフルハイビジョンテレビも、毎年さまざまな機能や価格のモデルが販売されています。

しかし、長く使い続けるために、なるべく性能が良いものを選びたいという人も多いでしょう。

特に大画面で高精細の映像を楽しみたい人や、テレビ番組だけでなく衛星放送やオンデマンド系サービスをよく見る人には、4Kテレビがおすすめです。

ただし、衛星放送などの4K配信コンテンツに対応するのであれば、テレビのブランドや機種だけでなく、アンテナやチューナーについても情報を集めておきましょう。

今後、4K配信コンテンツは、ますます増えていくと予想されます。

用途や目的に応じて、自分に合ったテレビを選んでください。

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837