2台以上のテレビが視聴可能!アンテナ分配器とは?

2台以上のテレビを接続したいのにテレビ端子が壁面にひとつしかない、そんなことで困ることはありませんか。

そんなときには分配器を使うと解決できます。

分配器があると非常に便利ですが、「分波器」や「分岐器」という分配器に良く似た機器があるので間違えてしまう人がいます。
混同しないために分配器、分波器そして分岐器の違いやそれぞれの役割について解説します。

間違えずに分配器を利用するための対策についても紹介していきます。

 

 

【テレビ端子がない部屋でも視聴できる】

 

分配器はひとつの信号を分けて送ることができる機器で、これを使用することでひとつのテレビ端子から複数台のテレビを同時に接続することができます。

分配器には2分配器や3分配器といった具合にタイプがあります。

2分配器を使えば2台のテレビが、3分配器を使えば3台のテレビの接続が可能です。

分配器は使用するタイプに応じて接続できるテレビの台数が増やせますが、注意点があります。あくまでひとつの信号を分配することが目的なため、分配する台数が増えていけばそれだけ1台当たりの信号が弱くなるという弱点があることです。

分配器はどのテレビにも均等に分配するという特徴を持っています。
そしてもうひとつの注意点は「1端子電流通過型」と「全端子電流通過型」の2つのタイプの分配器の選び方です。

「1端子電流流通型」には電源の供給が1台のテレビに限定されるという特徴があります。

これによって起こることは、1台のテレビで電源を切ってしまうとほかも切れてしまうことです。

一方「全端子電流通型」はどのテレビも電源供給が可能なので、1台を切っても他のテレビには影響しません。

これらの注意点と特徴を踏まえて使用すれば、テレビ端子が限られた環境でも複数台のテレビを楽しむことが可能です。

 

【分配器と分波器の違いは?】

 

71L7pvOBYwL._SX355_download

「分配器」と「分波器」は形状が良く似ていますが、役割が違います。

「分配器」は信号を分配する機器ですが、「分波器」は電波を分配する機器です。電波には地上デジタル放送と衛星放送があります。

テレビには地上デジタル放送と衛星放送のアンテナ端子があるので、それぞれに接続するために使用されるのが「分波器」です。

この役割は「分配器」でも可能ですが、信号レベルによっては受信できないこともあるため「分波器」が使われます。
「分波器」は周波数によって電波を分けるという特徴があります。

基準になる周波数より高いか低いかで分けてくれる機器です。

「分波器」にはVU出力とBSCS出力が2つずつついたダブルのものも見られます。

これを利用することでテレビ以外の機器も同時につなぐことが可能で、使い方がいろいろ広がります。

 

【分配器と分岐器の違いは?】

 

「分配器」も「分岐器」も信号を分けて送るということに変わりはありません。

しかし、「分配器」は接続したテレビの台数分で信号を均等に分けるという役割をしてくれますが「分岐器」は均等に分ける機器ではないとう違いがあります。

2台のテレビを接続する際に「分配器」を使えばそれぞれのテレビには半分ずつ信号が届きます。

しかし「分岐器」を使用した場合には片方の信号を強くしてもう片方は弱くするというという具合になります。
「分岐器」にも4分岐器など分岐したい数に合わせて複数のタイプが出ています。

一般の過程で使用するなら分岐する出力の差は10dBというものが一般的でしょう。

マンションのような集合住宅などの場合には、壁面のテレビ端子の内部にあらかじめこの分岐器が内蔵されているところが多く見られます。

また、光テレビを視聴する人も多くなってきていますが、分岐器は光テレビの配線にも利用されるケースが増えてきています。

 

【分配器選びの注意点とは?】

 

「分配器」と「分波器」そして「分岐器」のそれぞれの役割と特徴について解説してきました。

同じような使い方ができるものもありますが、テレビのタイプや受信状況に応じて使えないことがあるため、それぞれ目的に適した機器を使うことが重要なポイントです。

この3つの機器について説明されれば違いを納得できるでしょう。

しかし、問題は形状が非常に良く似ていることです。家電品に強い人や知識のある人であれば、自分で自宅のテレビ配線程度は楽にできる人もいます。

プロ波の配線をして使いこなしている人も見られますが、うっかり間違えてしまうことがまったくないとは言えません。
「分配器」「分波器」「分岐器」は、それぞれの機器に通常は名前が書かれています。

これで混同を防ぐことは可能です。テレビを2台つないで視聴したいときには間違えないように「分配器」と書かれているものを購入してください。

しかし、不安な場合や購入したもののうまく受診ができない、映らないといったときには専門業者に相談しましょう。

間違わずに選んでも電源供給が1台になってしまうという失敗や、うまく配線できないということは十分考えられます。

「分配器」は間違えずに利用すればひとつのテレビ端子しかない空間でも2台以上のテレビが楽しめます。

機器を上手に活用して快適なテレビライオフを送りましょう。

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837