BS放送を見る方必見!BSアンテナの寿命は何年?

BS放送を見るときは、BSアンテナを設置するのが一般的です。

なぜなら、番組を見るためにはアンテナで電波を受信することが必要になるからです。

しかし、画像が乱れたり、画面が映らなかったりすることがあります。

この場合、アンテナに故障が起きたのではと考えるかもしれませんが、長年使っているのであれば、アンテナに寿命がきた可能性も考えられます。

では、BSアンテナの耐久年数はどれくらいなのでしょうか。ここでは、BSアンテナの寿命について紹介します。

 

 

【法定耐用年数と耐久年数に違いがある?】

 

寿命を表す数値として、法定耐用年数と耐久年数があります。
法定耐用年数とは、建物や機械設備などが固定資産として価値がある期間を表したもので、税法にある減価償却費を算出する際に必要になるものです。

たとえば、BSアンテナの法定耐用年数が10年となっていれば、それ以降は資産として無価値の状態になります。

しかし、その期間が経過しても故障がなければ今まで通りに使用しても問題ありません。
一方、耐久年数はメーカーが行った独自のテストの結果、この期間は使用できると公表したものをいいます。

ただし、その期間を裏付けるための規定がないため、あくまで推定だと捉える必要があります。

つまり、メーカーが定めた耐久年数を超えても、問題なく使えるのであれば買い替える必要はないということです。

 

【寿命は5年もあれば20年以上になることも?】

 

BSアンテナの寿命は約10年といわれています。ただし、地域によっては寿命が短くなったり、長くなったりする可能性があります。

なぜなら、アンテナの寿命は自然環境に左右されやすいものだからです。
BSアンテナを設置する場所は、電波を受信しやすいようにするために屋外に設置するのが一般的です。

場合によっては、屋根の上に設置することもあります。

しかし、外に設置をするということは、雨や風、雪などにさらされることになるため、アンテナはダメージを受けやすい状態になります。

その結果、天候による影響でアンテナや周囲にある部品が腐食を起こすなどの問題を引き起こすことになるのです。

また、海沿いに住んでいる人は、塩によるアンテナへのダメージを防ぐ必要があります。

塩は、金属を錆びさせる力が強く、潮風の強い地域ではBSアンテナの寿命が短くなることがあります。

場合によっては、5年で交換しなくてはいけないということも珍しくないため、注意が必要です。
BSアンテナの寿命を延ばすためには、メンテナンスが欠かせません。

設置してある場所を常にチェックすることは難しいですが、定期的にメンテナンスを入れることで問題を解決できますから、20年以上使える可能性もあるのです。

アンテナの寿命である10年を経過したら、一度メンテナンスを入れることをおすすめします。

 

【映りが悪い!まずはアンテナの点検から始めよう!】

 

何かしらの問題が起きていると、画面映りが良くないといった問題が起こることがあります。

この場合、さまざまな原因が考えられますが、特に多いのがアンテナに不具合が起きている可能性です。

もし、気になるのであればアンテナの点検から始めてみましょう。
まず、考えられるのがアンテナのずれです。アンテナの位置が悪かったり、向きが悪かったりすると、画面が映らなくなることがあります。

これは、強風や雨、雪の重みなど何かしらの原因で引き起こされます。自身で調節することで改善できる可能性がありますし、ずれないように固定することも大切です。
次に、アンテナケーブルの不具合です。アンテナケーブルが細いと、電波の通りが悪くなります。

また、ケーブルが長すぎると、電波の流れが遅くなります。ケーブルの劣化についても注意が必要です。

ケーブルが外にむき出した状態になっていると、亀裂が入る可能性があります。

亀裂が入ると、電波を通す能力が著しく低下するため、注意が必要です。

このように、ケーブルに問題があった場合は、買い替えるのが無難です。

できるだけ太いケーブルで短めのものが良いでしょう。

設置する際は、細いパイプでケーブルを保護することも大切です。

 

【4k8k放送が始まる!対応アンテナで楽しもう!】

 

総務省では、4k8k放送の推進を行っています。

4k8k放送とは、より高画質の映像を見ることができるというものです。

4k放送は2k放送の約4倍の画素密度、8k放送に至っては2k放送の約16倍の画素密度になるため、臨場感のある映像を楽しむことができるでしょう。

2014年6月には、CS放送ですでに4k放送が試験的に開始しており、2016年にはBS17chで4k8k放送が試験放送されています。

そして、2018年12月には実用放送が行われることが決定しています。

ただし、使用しているアンテナによっては、4k8k放送が見られない可能性があります。

また、適切な衛星放送用の設備を用意できない場合、通常の放送を見ることができないだけでなく、電波漏洩によるその他無線局の運用に悪影響を及ぼすことにもなるので注意が必要です。

4k8k放送を楽しむためにも、新しいアンテナを準備しておくのも良いかもしれません。

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837