CSチャンネルを視聴したい!CS対応アンテナがないとダメ?

衛星放送は専門的な番組も多く、民間放送とはまた違った楽しみ方ができるため視聴する人は増えています。

衛星放送にはBS放送とCS放送があります。

取り扱っている番組の違いは分かっても実際はどう違うのか分からない人も多いかもしれません。

すでにBS放送を視聴している人であれば同じアンテナでも視聴できるかどうかも気になるのではないでしょうか。

購入や設置に迷っている人のために、CS放送とBS放送の違いやアンテナについて解説します。

 

 

【そもそもCS放送ってなに?】

 

CSとはCommunication Satellitesを略したもので「通信衛星」を利用しています。

これに対してBS放送で利用しているのは「放送衛星」です。同じ衛星放送ですが、利用している衛星の種類が違います。

1989年の放送法の改正にともない、「通信衛星」は一般の家庭でも受信できるようになりました。

CS放送が受信できるようになった当時は、マンションなどの集合住宅や企業など限られた層の利用が考えられていたという背景があります。

また、「通信衛星」は通信事業を目的に考えられていたため、電波の出力が「放送衛星」より小さいという弱点がありました。

CS放送開始当時に大きめのアンテナが主流だったのはこのような理由からです。しかし、サイズの小さいアンテナの開発も進んでいます。
CS放送が開始されたばかりのときにはいくつかの企業の参入が見られました。しかし「スカパー」と「スカパー!プレミアムサービス」の2つが視聴可能です。

 

【BSとCS1つのアンテナで共用できる?】

 

bs

BS放送とCS放送は視聴できる番組内容が異なってきます

。どちらも視聴したいという場合にはアンテナをどうするか迷ってしまう人もいるでしょう。

すでにBS放送を視聴していてCS放送のチューナーも購入しようと考えているなら、アンテナを増やすことに抵抗がある人もいるかもしれません。

設置場所も必要ですし、費用の問題を考えてもひとつにまとまるのが理想でしょう。
結論から言うと、ひとつのアンテナを共有することは可能です。

しかし、どれでもすべて共有できるということではありません。「スカパー!」は110度デジタル放送なので、同じく110度のBSデジタル放送を受信しているアンテナということで共有はできます。

これはアンテナや受信機器、チューナーが共通化されていることで可能になっています。

ただし、124度または128度CSデジタル放送の場合はその受信に適した別のアンテナの設置が必要です。

「スカパー!プレミアム」がこれに該当します。衛星放送が一般的に視聴され始めた頃は、BS放送とCS放送ではアンテナを共用できないという常識が浸透していましたが、共通化されるようになってひとつでも視聴はできるようになっています。

 

【110度CSデジタル放送と124/128度CSデジタル放送の違いは?】

 

61orjD11UaL._SY450_

110度CSデジタル放送や124/128度CS放送という表示は衛星放送に関する商品などで目にすることは多いでしょう。

この違いに疑問を持つことはありませんか。110度や124度、128度というのは放送に使われている衛星の位置を表しています。

つまり110度CSデジタル放送とは110度に位置した「通信衛星」から受信できるCS放送という意味です。

124/128度CS放送なら124度と128度の位置にある「通信衛星」から受信可能なCS放送ということになります。
110度CSデジタル放送を行なっているのが「スカパー!」です。

そして「スカパー!プレミアム」は124/128度CS放送で放送されています。

このように利用している「通信衛星」の位置が違うので、加入しているCS放送が「スカパー!」であれば110度CSデジタル放送を受信できるアンテナが必要です。

ただし、衛星の位置に対応できているアンテナであれば問題はありません。

たとえば、110度と124度、128度の3波に対応しているアンテナなら「スカパー!」も「スカパー!プレミアム」もひとつのアンテナで視聴は可能です。

 

【購入や取り付け依頼の際の注意点とは?】

 

CS放送の視聴にはアンテナとチューナーなどの受信機器が必要です。

自分が視聴したいものが受信できる機器を購入またはレンタルをしましょう。

そして現在使用中のBSアンテナがある場合には、共通で使える可能性があるので確認してください。

共用できれば新たにアンテナを増設せずに済みます。

自分では分からない、またはBSアンテナはあっても長い間使用しておらず受信ができないといった場合は、新たに購入したほうがいいかもしれません。
CS放送を視聴するには、チューナーなどの受信機器とアンテナを同時に購入してプロに設置してもらうことをおすすめします。

しかし、先にチューナーなどを持っていてアンテナだけを購入したい場合は衛星の位置に合わせたアンテナを選びましょう。

自分で設置することは可能ですが、設置場所によっては落下による事故なども考えられます。

また、外れやすい場所を避けるなど事故につながらない配慮が必要です。

受信しやすい角度や落下防止などを考えるとプロに依頼するのがおすすめです。

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837