4k8k放送とは?地デジ放送との違いは?

4k8k放送がどんなものなのか、実際に体験した方は、そんなに多くはないでしょう。

東経124/128度CS放送やケーブルテレビ、IPTVなど一部で4K実用放送は、すでに始まっています。

しかし、2018年にスタートする新4K8K衛星放送は、それまでのアンテナやテレビなどだけでは視聴することができません。

テレビの買い替えや衛星放送への加入などをお考えの場合、どんな種類のテレビやアンテナを購入したらいいのか迷っている方も多いでしょう。

また、購入する時期も大切です。

そんな方のために、4k8k放送と地デジ放送の違い、4k8k放送の開始時期、4k8k放送受信に必要な準備などを解説します。

 

 

【4k8k放送と地デジ放送との違いについて】

 

4k8k放送は、現在の地上デジタル放送を超える超高画質です。

多くのテレビ番組が、高精細で臨場感のある映像になります。
4k8kになる前の地上デジタル放送やケーブルテレビ、BS・110°CSデジタル放送、124/128°CS放送は、2k(フルハイビジョン)放送です。

4k8k放送と地デジ放送との違いは画素数で、4kは2kの4倍の約829万画素、8kは16倍の約3318万画素になっています。

このため、立体感が増し、近くで見ても画素の粗さが気になりません。
さらに、4k8k放送は、「広色域化」「画像の高速表示」「多階調表現」「輝度」について、最先端の映像技術が採用されています。

広色域化とは、地デジ放送などに比べ表現できる色の範囲が拡大することです。

「実際に見える色」に近い映像になります。

画像の高速表示とは、1秒間に表示できる画像が現在の30コマから最大120コマに増えることです。

これにより、高速で動くスポーツなどの番組も、ぼやけのない、なめらかな映像になります。

多階調表現では、地デジ放送の約1600万階調に対し、4k8k放送は約10億階調です。

そのため、色や明るさの変化がなめらかになり自然に近い映像になります。輝度とは、ディスプレイなどの画面の明るさの度合いのことです。

4k8k放送では、表現できる明るさの範囲が広がり、現実に近い明るさの映像になります。
このように、4k8k放送は地デジ放送などに比べ、色や明るさなどを表現する技術が向上するため、視野が広がり、臨場感あふれる映像を楽しむことが可能です。

 

【4k8k放送はいつから?ロードマップについて】

 

2018年12月1日に、BS放送と東経110度CS放送で、4k8k実用放送の「新4K8K衛星放送」が開始される予定です。
総務省は、2014年2月から「4k8kロードマップに関するフォローアップ会合」を開き、2014年9月にロードマップを公表しました。

ロードマップの目標は、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に合わせて「4k8k放送が普及し、多くの視聴者が市販のテレビで4k8k番組を楽しんでいる」ことなどです。
ロードマップに沿って、すでに4k実用放送は始まっています。

東経124/128度CS放送、ケーブルテレビ、IPTVで視聴が可能です。2016年8月1日には、BS放送による4k8k試験放送も開始されました。
なお、2018年12月にBS放送と東経110度CS放送の4k8k実用放送が始まった後も、現在の地デジ放送などによるハイビジョン放送は、視聴が可能です。

もとのテレビ、チューナー、アンテナもそのまま使用することができます。

 

【4k8k放送受信に必要な準備とは?】

 

2018年12月に始まる「新4k8k衛星放送」は、従来の衛星放送とは異なる高度広帯域伝送方式で送信されます。

2017年10月現在、販売されている4kテレビや4k対応テレビは、高度広帯域伝送方式には対応していません。

そのため、新4k8k衛星放送を視聴するためには、対応チューナーなどをテレビに接続する必要があります。

新4k8k衛星放送受信用のテレビやチューナーなどは、放送開始前に発売される予定です。
もともと、BS放送と110度CS放送は、右旋円偏波の電波を使っています。

新4k8k衛星放送は、右旋円偏波の電波に加えて、新しい放送波である左旋円偏波の電波を使う放送です。

右旋円偏波の電波と左旋円偏波の電波の両方を使うことによって、より多くの番組を放送することができるようになります。
もとからあるBS右旋の放送波の4k放送だけを視聴する場合は、アンテナなどの機器交換は不要です。

しかし、BS放送のすべてのチャンネルを受信できない状況からであれば、機器や配線の交換が必要になるケースもあります。
BS左旋と110度CS左旋を含めたすべての4k8k放送を視聴する場合は、右旋・左旋対応のアンテナへの交換ブースター分配器テレビ端子などの交換が必要です。

4k8kアンテナの設置は、放送が始まると混雑が予想されるため、早めに設置しておいたほうがよいでしょう。

 

【東京五輪は4k8k放送で楽しもう!】

 

4k8k放送は、超高画質で、実際に見える色や現実の明るさ、なめらかさなどを表現することができ、実際に肉眼で見る風景に近い臨場感で映像を楽しむことができます。

これまでより、画像が高速で表示されるためスポーツ番組や音楽のライブ番組なども、よりリアルな映像になるでしょう。

2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会も、4k8k放送で観戦するのがおすすめです。

テレビでも、実際に、競技会場で体験するのに近い迫力で、競技を観戦することができるでしょう。

 

4k

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837