新築の家にアンテナを設置するには?屋根裏設置も可能?

新築を建てるとなると、避けて通れないのがテレビ用アンテナ設置です。

テレビ用アンテナにも種類があり、八木アンテナとデザインアンテナのどちらを選ぶかをまず決めなくてはいけません。

もしデザインアンテナを選ぶのであれば、今度は色や設置場所を選ぶことになります。せっかく選ぶのですから、よりよい選択をしたいものです。
今回は、新築の家にアンテナを設置する場合、デザインアンテナを選ぶとどのような利点があるか、またどこに設置すればいいかについて紹介します。

 

 

【新築一戸建てにはアンテナ購入と取り付けが必要!】

 

新築一戸建てを建てる場合、テレビ用アンテナの購入と取り付け工事が必要となります。

このとき設置するものはUHFアンテナとそのマストです。

アンテナの設置に際して、アンテナの種類とそれにともなう設置場所を決めることになります。

まずアンテナの種類ですが、八木アンテナにするかデザインアンテナにするかを決めることになるでしょう。

八木アンテナにするなら、設置場所やデザインを選ぶ必要はありません。

八木アンテナの場合、切妻・寄棟の場合は屋根上設置、片流れや特殊な屋根の場合は壁面設置となるなど、設置場所が決まっている上、アンテナ自体の種類もそうないのです。

一方、デザインアンテナの場合は、色・設置場所ともに選択肢が増えることになります。

そのスタイリッシュな見た目と家の外観イメージに合わせられるメリットから、デザインアンテナを選ぶ人も少なくありません。
アンテナの値段はその種類によって決まりますし、取り付け工事の費用は設置場所などによって左右されるでしょう。

そのため、アンテナ関連費用がいくらかかるか知りたい場合は、まずは業者に見積を依頼するとよいでしょう。

 

【アンテナには種類がある!】

 

テレビ用アンテナには主に、八木アンテナとデザインアンテナの2種類があります。
八木アンテナとは従来のアンテナで、屋根の上に設置する棒を組み合わせた形状のアンテナです。

一方、デザインアンテナは板状のスタイリッシュな見た目を持ったアンテナで、設置場所は屋根の上ではなく壁面・ベランダ・屋根裏など多岐にわたります。
電波状況は高い位置にいくほどよくなりますが、一戸建ての場合では当然ながら屋根の上がもっとも電波状況がよいということになるでしょう。

そのため、デザインアンテナは設置場所を選べるといっても、電波状況のいい場所をお勧めします。

例えば屋根裏に設置するのがいいでしょう。電波環境がよくない場合は、屋内への設置自体を断念せざるを得ない場合があります。
八木アンテナとデザインアンテナでは、値段の相場も違います。

デザインアンテナの方がやや高価です。しかし、デザインアンテナはその分、家の外観をスッキリさせることができるというメリットがあります。

新築一戸建ての場合で特に外観にこだわりを持っている人ならば、これは大きな利点といえるでしょう。

 

【外観をスッキリ見せるアンテナの取り付け方法は?】

 

外観をスッキリ見せるにはどのようなアンテナの取り付け方があるでしょうか。

外観の見せ方にこだわるなら、デザインアンテナがおすすめです。なぜなら、八木アンテナは存在感があるため、どうしても見た目をスッキリさせるという観点では適しません。

デザインアンテナならば色を選ぶことができるので、自宅の外壁と似た色を選ぶことでほとんど目立たなくすることができます。

また、サイズはコンパクトで、屋根の下やベランダなど外から見えづらい場所に設置することも可能です。

このように、色と設置場所を工夫するだけでかなり目立たなくなります。
また、目立たせないという意味では屋根裏設置がもっとも適しているでしょう。

何しろ外からは絶対に見えないのですから、色や形に気を使う必要はありません。

また、屋根裏設置の場合、風雪にさらされることもないのでその点も安心でしょう。外壁にも優しく、メリットは多いです。

しかし、電波状況がよい地域であることが前提になります。

電波状況は、家がある場所から電波塔との距離または方角によって大方決まります。

また、電波塔と家の間に建物がある場合も電波状況に影響するでしょう。自宅の電波状況は業者に依頼すれば調査してもらえるので、一度調べてみてください。

 

【アンテナの屋根裏設置で家の外観をスッキリ見せよう! 】

 

101 泉大津市 カワカミ様_171009_0002

アンテナは、設置が可能であれば屋根裏設置が推奨されます。

外からは見えないため、外観のイメージの問題も完全に解決できますし、天候による影響を受ける心配もないからです。

電波状況の問題さえクリアできるなら、屋根裏設置のメリットは大きいといえるでしょう。

ただし、地域によっては屋根裏設置どころかデザインアンテナの使用自体が難しい場合もあります。

これはデザインアンテナを壁面やベランダなどに設置するという特性上、どうしても電波が受信しにくい地域もあるからです。

そのため、デザインアンテナの設置を検討する際はそのことを業者にはっきり伝え、自宅の環境で可能かどうか調査してもらうといいでしょう。

せっかくの新築なのですから、外観のイメージも大事にしたいものです。

環境的に可能ならば、デザインアンテナの設置、特に屋根裏への設置を検討してみてはいかがでしょうか。

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837