アンテナには寿命がある!デザインアンテナの場合は?

突然テレビの映りが悪くなったり、画面にノイズが走りよく見えなくなったりするなど、困ったことはありませんか?

テレビ映りが悪くなる原因にはさまざまなものが考えられますが、もしかしたら問題はテレビそのものではなく、アンテナの方にあるかもしれません。

アンテナやその周辺機器が故障している場合には、そのまま放置していても解決しません。

そこで今回は、テレビ映りが悪くなる原因と、アンテナのチェック方法について詳しく解説しましょう。

 

 

【テレビ映りのトラブルにはさまざまな原因が!】

 

最初にテレビの設定を確認しましょう。

その場合のチェックポイントは4つあります。

まずはB-CASカードがテレビにしっかりと挿入されているかどうかです。

B-CASカードが正しく挿入されていたならば、チャンネル設定が正しくなっているかどうか、設定がアナログではなく地デジになっているかどうかを確認しましょう。

これらはリモコンのメニューボタンを押すことで調べることができます。

BSやCSのアンテナを設置していないのにBS/CSの設定になっていたり、あるいはアナログの設定になっている場合には画面がノイズ状態になります。

次に、配線が抜けていたり、劣化したりしていないかどうかをチェックしましょう。

とりわけワンタッチプラグは抜けやすいので注意が必要です。
テレビ設定に問題がなければ、アンテナ周りに問題があるのかもしれません。もしも自分でチェックできる場合には、ブースターや分配器が正常に起動しているかどうかを確認しましょう。

自分でできない場合には、業者に依頼するのがおすすめです。

あるいはアンテナの位置がずれていたり、アンテナ自体の寿命が尽きてしまっている可能性もあります。

 

【アンテナの寿命は設置場所によって変わる?】

 

一般的に、アンテナの寿命はおよそ10年といわれています。

購入してから10年を過ぎた場合には、一度メンテナンスを依頼するのがおすすめです。

室外に設置している場合、アンテナがどれだけ劣化するかということは天候などの環境に大きく左右されます。

とりわけ塩分は金属をさびさせる性質があります。

そのため海沿いに住んでいる人は、こまめにアンテナの点検をするべきでしょう。
アンテナに問題があるかどうかを見極めるポイントは、複数台テレビを所有している場合には、すべてのテレビが映らないのか、あるいは一台だけ映らないのかということです。

もしもすべてのテレビに不具合が起きている場合、原因はアンテナやその周辺機器になると考えられます。

また、台風の後にテレビ映りが悪くなったという場合には、アンテナが傾いてしまっていないかどうかを確認しましょう。
アンテナの点検や修理は自分で行うのは難しいだけでなく、高所で行うため危険を伴います。

その場合には専門業者に依頼するようにしましょう。

 

【デザインアンテナの寿命は?】

 

壁面に取り付けるタイプのようなデザインアンテナの場合、屋上に設置するタイプのアンテナよりも耐久性がそれほど考慮されていないものが多いです。

そのため、より寿命が尽きやすいといえるでしょう。

特にデザインアンテナはアンテナ本体よりもベース部分が劣化しやすい傾向があります。

壁に取り付けるタイプなどは重力による負荷がかかってくるためです。

そうしてベースの部分がぐらついてしまったり、金属部分がさび付いてしまっている場合には、アンテナ自体に問題がなくても交換しなければならないケースもあります。

 

【アンテナの寿命を知っておこう!】

 

アンテナの寿命は一般的には10年といわれていますが、設置している環境によってそれ以上の期間使用できることもあれば、もっと早くに寿命が尽きてしまうこともあります。

10年というのはあくまでも目安であり、実際は設置している環境によって異なると考えた方がよいでしょう。

特にアンテナのポール部分がさびてしまっている場合には、台風などの強風によって折れてしまうことがあるので、注意が必要です。

アンテナは、本体部分のほかに固定するための土台や、マスト、ステー(針金の支線)など多くの部品から成り立っています。

アンテナ自体には問題がなくても、これら周辺の金属部品がさびてしまっていたり劣化しまっていたりすることが原因で電波を受信できなくなることも多いのです。
アンテナの寿命が来ているかどうかを見極めるポイントは、本体や周辺機器にどれくらいさびが進行しているかです。

現状では問題ないように思えても、さびてしまっているということはそれだけ強度が弱くなっているということです。
もしもアンテナの寿命が尽きてしまっているか、あるいはアンテナに何か問題があって受信状態が悪くなっていると考えられる場合には、自分で修理をしようとせずに専門業者へ依頼するようにしましょう。

多くの業者ではアンテナ状態の診断とメンテナンスを行っています。
信頼できる業者であれば、診断後にアンテナの寿命を伸ばすための提案をしてくれます。

やたら新品へ交換するよう勧める業者ではなく、交換をしないですむ部分はできるだけ活かしながら、アンテナの寿命を伸ばそうとしてくれる良い業者を選びましょう。

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837